当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎


届出基準・様式(PDF)

指定届出機関のみが届出る感染症です。
印刷用 届出基準 (PDF119KB)
印刷用 届出様式(指定届出機関共通) (PDF161KB)
  

(1)定義

A群レンサ球菌による上気道感染症である。

(2)臨床的特徴

乳幼児では咽頭炎、年長児や成人では扁桃炎が現れ、発赤毒素に免疫のない人は猩紅熱といわれる全身症状を呈する。気管支炎を起こすことも多い。発疹を伴うこともあり、リウマチ熱や急性糸球体腎炎などの二次疾患を起こすこともある。

(3)届出基準

ア 患者(確定例)

指定届出機関の管理者は、当該指定届出機関の医師が、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見からA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が疑われ、かつ、(4)を満たすか、(4)の3つすべてを満たさなくても(5)を満たし、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎患者と診断した場合には、法第14条第2項の規定による届出を週単位で、翌週の月曜日に届け出なければならない。

イ 感染症死亡者の死体

指定届出機関の管理者は、当該指定届出機関の医師が、(2)の臨床的特徴を有する死体を検案した結果、症状や所見から、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が疑われ、かつ、(4)を満たすか、(4)の3つすべてを満たさなくても(5)を満たし、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎により死亡したと判断した場合には、法第14条第2項の規定による届出を週単位で、翌週の月曜日に届け出なければならない。

(4)届出のために必要な臨床症状(3つすべてを満たすもの)

 ア   発熱

 イ   咽頭発赤

 ウ   苺舌











(5)届出に必要な検査所見

検査方法

検査材料

菌の培養・同定による病原体の検出

咽頭拭い液

迅速診断キットによる病原体の抗原の検出

ASO法又はASK法による抗体の検出(ペア血清での抗体陽転又は抗体価の有意の上昇)

血清