鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

2階病棟

病棟の主な担当科

 産婦人科・未熟児・外科(乳腺疾患)

病棟の取り組み紹介

 2階病棟は鳥取県中部の周産期医療(産科・新生児集中治療)および女性特有の疾患(婦人科疾患・乳腺疾患)看護の中核施設として、安全で満足度の高い看護と分娩を目指しています。妊婦さんや出産後のお母様さん赤ちゃんへは助産師外来や母乳外来で院内助産システムの実施により、アドバンス助産師や小児科・産科医師と連携をとりサポートを行っています。一つ一つのお産を大切にしながら、一人一人の妊産婦さんに関わっています。また、小児科入院となった赤ちゃんに安全・安心な看護を提供するため、デモストレーションを実施するなど看護技術の習得に努めています。さらに、女性特有の疾患で治療を受けられる患者様へは、不安な気持ちやつらい思いに寄り添って、その人らしさを大切にするきめ細やかな看護を提供できるように、助産師・看護師が一丸となり取り組んでいます。

       
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000