鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

手術室

 手術室は、看護師17名、看護助手3名で手術室業務と病院内の物品や器械の洗浄・滅菌業務を行っています。2019年度の手術件数は、1,717件、8診療科の手術に対応しています。私たちは、患者さんとご家族の皆さんに安心して手術が受けていただけるよう、術前・術中・術後訪問に力を入れて取り組んでいます。また、安全に手術を行うために、関連部署との連携やスタッフ間・医師とのコミュニケーションを積極的に図ることを心がけています。

 より患者さんとご家族の思いに寄り添える手術看護が提供できるよう努力していきたいと思います。

 


 入室前には担当者が打ち合わせを行います。麻酔がかかるまで手を握るなどして患者さんの不安軽減に努めています。


 写真は、患者さんに比較的侵襲の少ない腹腔鏡下の手術準備と手術時の様子です。手術が安全に行えるよう、清潔エリアでの入念な器械類の点検を行いながら準備しています。
  

スタッフからのメッセージ

 手術医療はめざましく進歩しており、手術室看護師として安全かつ円滑に対応できるよう、日々学習と振り返りを行っています。日々の学びと様々な患者さまの情報を、手術介助の実践に活かしていきます。

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000