鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

手術室移動型撮影検査

 手術室では移動型の血管撮影装置が1台、透視検査装置が1台、X線撮影装置が1台が稼働しています。麻酔をかけた状態で腹部大動脈瘤ステントグラフト留置術や整形外科の透視下手術において位置確認をサポートします。
 手術室移動型麻酔検査装置
  

当院の主な検査

腹部大動脈瘤ステントグラフト留置術

腹部大動脈瘤ステントグラフト留置術撮影画像
治療前     治療後
 腹部の血管が膨らむ大動脈瘤の多くは動脈硬化が原因で起こります。痛みがないまま気づかぬうちに瘤が大きくなり、放っておくとやがて破裂する可能性があります。
 手術に変わる治療法として、ステントグラフトという人工血管を細いカテーテルによって動脈瘤まで運び、留置し再建する治療を透視下で確認しながら行っています。

整形外科透視下手術

整形外科透視撮影画像
整形外科透視撮影
 透視下で、骨折部の固定や関節の再建を行います。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000