鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

血管撮影検査(IVR)

 透視下において、上肢や鼠径部より経皮的(皮膚表面)に血管より細い管(カテーテル)を挿入し、目的の臓器(頭部、心臓、肝臓、および血管の狭窄部位)まで管を進め、造影剤を注入し目的の臓器への血管およびそこから栄養を得ている部位を撮影や治療を行っています。開腹や切開する手術にくらべ、患者への体の負担や侵襲も少なく、検査によっては、直後に動くことも可能です。
 デジタル画像となって以降、画質が向上し細部まで描出できるようになりました。血管解析機能の搭載、被ばく量の低下など装置の進歩により患者も術者もより安全に検査を行うことができるようになりました。
検査室写真
  

当院の主要な検査

頭頸部血管内治療

頭部血管撮影側面画像
(側面)
頭部血管撮影正面画像
頭部血管撮影(正面)
 脳神経外科により、経皮的にカテーテルを頭部血管まで進め、頭部血管を撮影します。狭窄、閉塞した部位へ薬を流したり、動脈瘤へ塞栓物質を留置したり、頭部のいろいろな疾患に対して治療します。 

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査右冠動脈画像
(右冠動脈)
心臓カテーテル検査左冠動脈画像
心臓カテーテル検査(左冠動脈)
 循環器内科により、経皮的にカテーテルを心臓の栄養血管である冠動脈まで進め、撮影をします。狭窄、閉塞した部位へ薬を流したり、小さな風船状のバルーンカテーテルで膨らませたり、金属の小さな管を留置したりして、血管を再建し正常な血流を取り戻すよう治療します。治療後も定期的に検査し、再狭窄が起こっていないかチェックをしています。

腹部血管撮影

腹腔動脈造影画像
腹腔動脈造影
 放射線科により、経皮的にカテーテルを肝臓の腫瘍近くまで進め、塞栓物質により腫瘍を虚血状態したり、直接抗がん剤を注入する等の治療を行います。外傷などにより腹部臓器から出血した場合はその部位へカテーテルを進め、血管内で止血する治療も行います。

上肢・下肢経皮的血管形成術(PTA)

腹部大動脈・腸骨動脈造影画像
腹部大動脈-腸骨動脈造影
バルーン拡張画像
バルーン拡張
上肢血管撮影治療前画像
上肢血管撮影(治療前)
 外科・放射線科により、経皮的にカテーテルを上肢や下肢の狭くなった血管部分まで進め、内側から小さな風船状のバルーンで広げ、再建します。 
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000