鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

一般単純撮影検査

 一般単純撮影はX線を人体へ照射し、頭部、胸部、腹部、四肢など全身に対して透過した放射線を画像化しています。非常に簡便な上に体への侵襲が少なく、肺の疾患や消化器系の疾患、骨の骨折や変性の有無などの診断に用いられています。
胸部画像
頚部画像
肩部画像
  

高画質・低線量を実現したフラットパネルシステム

 当院では、フラットパネルシステムを導入しており、 放射線に対して感度が良く、画像に不要なノイズも低減され、鮮明な画像が描出されます。 自動で濃度やコントラストを調整し、診断部位に最適化する処理技術も向上しました。以前の約半分の放射線量でも同程度の画質が得られるようになり、被ばく低減に役立っています。
フラットパネルシステムの写真
フラットパネルシステム
フラットパネルの写真
フラットパネル

移動型X線撮影装置

移動型X線撮影装置の写真
 移動型X線撮影装置
フラットパネルは病棟や手術室で使用される移動型X線撮影装置でも利用することができます。
携帯した液晶画面撮影画像をすぐに医師が確認でき、処置方針をその場で決定することができます。

検査を受けられる方へ

  • 撮影部位に障害となるものは外していただきます。更衣室、ガウン等を準備しておりますのでご安心ください。
  例) 胸部・腹部撮影の場合
    ボタン・ファスナーの付いた服、下着、ネックレス、カイロ、湿布など。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000