人事企画課のホームページ

鳥取県のインターンシップ

  

インターンシップの目的

 鳥取県では、次の目的によりインターンシップを実施しています。

  • 職場において実務を体験することで適切な職業選択への寄与
  • 高い意欲を持った優秀な人材の確保
  • 県政への理解を深める機会の提供
  • 県外の学生も対象とすることで、県内への就業者を誘発
  • 県と大学等との連携の強化

平成30年度の実施概要※平成30年度の申込受付は終了しました。

 平成30年度のインターンシップを以下のとおり、実施します。
 ※平成30年度の申込受付は終了しました。

1 対象・実施時期・受入期間等

項目

内容

対象学生 県内外の大学等に在籍する学生
申込期限 6月20日(水) ※必着
参加希望回答様式(word:45kb)      
※衛生環境研究所でのインターンシップを希望される方は、以下の様式にも記入の上提出してください。
参加希望回答様式2(衛生環境研究所追加分)(PDF:444kb)
【注意】学生個人による申し込みはできないので、大学等を通じて申し込んでください。
受入
所属
2週間コース受入所属一覧(PDF:125kb)
3日間コース受入所属一覧(PDF:140kb)
※職員人材開発センター(3日間コース)の「受入可能な業務内容」を修正しました。(H30.6.6)
実施時期 8月~9月(学生の夏季休暇期間中)の実施を予定
受入期間 2週間コースと3日間コースを用意しています
(受入所属・業務の状況により要調整)
研修時間 8時30分から17時15分
(受入所属の勤務時間により異なる場合あり)

 【注意】

  1. 実施にあたっては、あらかじめ大学等と県との間でインターンシップに関する協定書及び覚書を締結する必要があります。
  2. 学生個人や教授紹介などによる申込みはできません。
  3. 受入予定所属や協定書・覚書の内容等詳しい情報の提供を希望される大学等は、下記担当へ御連絡ください。
  4. 受入可能な人数は限りがございますので、応募者多数の場合は、インターンシップの実施をお断りさせていただくことがあります。  

2 研修条件等

  • 参加学生に対する賃金、報酬及び手当等の支給はありません。
  • 参加学生が、各職場へ通うための交通費や、研修期間中の滞在費等の支給はありません。
  • 参加学生の交通手段の確保や宿泊施設の斡旋等は行いません。各自で対応していただきます。
  • 参加する学生は、期間中の事故に備え、自己の責任において災害障害保険等への加入が必要です。
  • インターンシップ実施にあたっては、学生から誓約書(服務、個人情報保護等の遵守等)を提出していただきます。

<昨年度からの変更点>

 より多くの方にご参加いただき、県職員の仕事を知っていただけるよう、今年度から下記の見直しを行いました。

1 短期コース(3日間)の新設
 ・インターンシップへの参加を容易にするため、従来までの2週間コース
  に加え、3日間のコースを新設しました。

2 受入枠の拡充
  昨年度の45人から大きく拡充し今年度は100人の受入枠を設定しました。

インターンシップの流れ

1 平成30年6月20日(水)まで

 インターンシップ受入れを希望する学校からの希望申出受付  

2 7月上旬頃から中旬頃まで 

 受入内容(所属、時期、人数等)の調整・決定

3 7月中旬から下旬 

 鳥取県と各学校の間で協定書・覚書の締結

4 8月から9月 

 インターンシップ実施

担当・問い合せ先

総務部行財政改革局
人事企画課人材活用担当
電話 0857-26-7033
FAX 0857-26-8140