学校教育

  

学びの機会確保に向けたシンポジウムの開催について

 鳥取県教育委員会では、「学びの機会確保」をテーマに、鳥取県における現状や他の自治体における取組、夜間中学等を紹介するシンポジウムを開催します。このシンポジウムはすべての県民のみなさまを参加対象としていますので、ぜひご来場ください。

 なお、参加を希望される方は10月19日(金)までに問合せ先までご連絡ください。(申し込みがなくても当日参加は可能です。)

※本講座は「とっとり県民カレッジ関連講座」に登録されています。

申込方法

(1) 郵    送  宛先:〒680-8570 鳥取市東町一丁目271番地
            鳥取県教育委員会事務局小中学校課 宛

(2) ファクシミリ  FAX番号:0857-26-8170

(3) 電    話  電話番号:0857-26-7935

(4) 電 子 メ ー ル   メールアドレス:shouchuugakkou@pref.tottori.lg.jp

※(1)、(2)で申し込まれる場合はチラシ裏面の申込書を郵送またはファクシミリで送付
 してください。
※(3)、(4)で申し込まれる場合は、チラシ裏面の申込書の内容について電話または電子
 メールでお知らせください。

学びの確保に向けたシンポジウムのちらし(PDF:569KB)

日時

 

日時 

場所 

 西部会場  10月27日(土)
 13時30分から16時まで
米子市立図書館多目的研修室
(米子市中町8番地) 
 東部会場  10月28日(日)
 9時30分から正午まで
 鳥取市福祉文化会館第1・2会議室
(鳥取市西町2丁目311番地)

プログラム

  • 開会
  • 行政説明
  • 基調講演「学びの機会確保の必要性と夜間中学設置の意義について」      

  講師 文部科学省初等中等教育企画課 室長補佐 大類 由紀子氏

  • パネルディスカッション「学びの機会確保と夜間中学」

  パネリスト
   文部科学省初等中等教育企画課 室長補佐 大類 由紀子氏
   京都市立洛友中学校長 間野 郁夫氏
   夜間中学等調査研究部会長 山根 俊喜氏
   鳥取県教育委員会事務局教育次長 足羽 英樹氏

  • 質疑
  • 閉会

 問合せ先

〒680-8570
鳥取県教育委員会事務局小中学校課
電話 0857-26-7935
ファクシミリ 0857-26-8170
メール shouchuugakkou@pref.tottori.lg.jp

「夜間中学」を知っていますか?

 県教育委員会は、鳥取県における夜間中学の設置等の調査研究を行うために、平成30年度、鳥取県教育審議会に「夜間中学等調査研究部会」を設置します。 

第1回夜間中学等調査研究部会の概要(平成30年6月13日開催)(PDF:126KB)
 
〇「夜間中学」とは?
 夜の時間帯に授業が行われる中学校夜間学級のことをいいます。 
〇どんな人が学んでいるの?
 様々な理由により義務教育を修了できなかった人や、不登校等のためにほとんど
 学校に通えなかった人、また本国で義務教育を修了していない外国籍の人などが
 学んでいます。
〇どんな授業が行われているの?
 昼間の中学校と同じ教科を勉強します。
〇興味・関心のある方は?
 鳥取県教育委員会事務局小中学校課へお問い合わせください。

相談窓口

 鳥取県教育委員会事務局小中学校課(0857-26-79350857-26-7935

関連リンク

 文部科学省「夜間中学の推進について」

  

とっとりの授業改革【10の視点】

とっとりの授業改革【10の視点】(PDF:267KB)←こちらをクリック
 鳥取県内すべての児童・生徒の「学びの質の向上」をめざした授業改善のポイントをまとめました。