部落差別解消法が平成28年12月に施行

同和問題の啓発・講演会等

同和問題は、日本社会の歴史的過程で形づくられた身分差別により、日本国民の一部の人々が、長い間、経済的、社会的、文化的に低い状態におかれることを強いられ、今なお、日常生活の上でいろいろな差別を受けるなど、日本固有の人権問題です。

平成28年12月に、部落差別は許されないとの認識の下に部落差別の解消を目的とした「部落差別の解消の推進に関する法律」(部落差別解消法)が成立・施行されました。
私たち一人ひとりが、まず同和問題を正しく理解すること、そして同和問題を自分の問題として考え、差別をしたり、させたりすることのないよう行動することが大切です。