性的マイノリティ(LGBT)の人権

性的マイノリティとは

 性的マイノリティとは、同性に恋愛感情をもつ人や、自分の性に違和感がある人などのことをいいます。「セクシュアルマイノリティ」、「性的少数者」ともいいます。
 「異性を好きになるのが普通だ」とか、「心と体の性別が異なることはない、性のあり方は男と女だけである」という考え方の人が多い社会からみて少数者という意味です。

LGBTとは

 最近では、以下のアルファベットの頭文字をとって、「LGBT」とも呼ばれています。

L esbian   レズビアン(女性同性愛者)
G ay     ゲイ(男性同性愛者)
B isexual   バイセクシュアル(両性愛者:両性に惹かれる人) 
T ransgender トランスジェンダー(体と心の性に違和感がある人。体の性別と異なる性別で生きるまたは生きたい人。)

 性的マイノリティにはそのほか、Xジェンダー(性別を男女二分することになじまない人)、アセクシュアル(無性愛者)、クエスチョニング(心の性や性的指向がわからなかったり、迷っていたりする人)などが含まれます。

 性的マイノリティに対する無関心や誤った認識が偏見や差別を生み、当事者が学校や職場で生きづらさを感じていることがあります。本県は、性的指向や性自認、性別表現にかかわらず、誰もが自分らしく生きられる社会の実現を目指しています。

LGBT(性的マイノリティ)支援学習会を開催します。

鳥取県は、市町村等と連携、協力しながら、LGBT支援の様々な取組を行っています。

今回、コミュニティスペース開設のオープニング事業として、別添チラシのとおり、鳥取市においてLGBT支援学習会を開催します。

なお、今後、倉吉市(1月)、米子市(2月)でも開催する予定です。

LGBT(性的マイノリティ)支援学習会(鳥取市)チラシ(pdf:480KB)

「多様な性を理解し行動するための職員ハンドブック」を作成しました!

 LGBTをはじめとする性的マイノリティの人々が安心して働き、自分らしく生きることができる社会の実現に向けて、県では、職員一人ひとりが、多様な性についての正しい理解と認識を深め、日頃の業務において適切な対応をするための「職員ハンドブック」を作成しました。     行政職員はもとより、医療機関や民間企業においても、業務の参考として広くご活用ください。

 「多様な性を理解し行動するための職員ハンドブック」(PDF2405KB)

                 

県内の活動団体

虹色らくだ

LGBTの人たちの存在を正しく理解してくれる人たちを増やしたい!あらゆる人にとって居心地のよい場所を作りたい!という思いのもと活動している、鳥取大学のオールセクシュアリティのサークルです。
 お問い合わせはこちら。    「虹色らくだ」画像  

E-mail:nijiiro.rakuda@gmail.com
facebook:虹色らくだ
Twitter:@nijiiro_rakuda

性的マイノリティ関連リンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000