当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

田渕 貞治

(部長)平成2年卒
専門分野 脳卒中の外科、神経内視鏡手術
資格
  • 日本脳神経外科学会 専門医、指導医
  • 日本脳卒中の外科学会 技術指導医
  • 日本神経内視鏡学会 技術認定医
  • 日本脳卒中学会 専門医
  • 日本脳循環代謝学会 評議員
  • 日本医師会 認定産業医

細谷 朋央

(副医長)平成22年卒
専門分野 脳外科一般
資格
  • 日本脳神経外科学会 専門医

脳神経外科では、緊急性の高い脳外科疾患(脳卒中、頭部外傷)を中心に、脳腫瘍、水頭症、その他、脳外科疾患全般に渡り対応しています。 ただし、機能的脳外科(てんかん、難治性疼痛、不随意運動その他)、小児脳外科等の特殊性の高い疾患に関しては、鳥取大学脳神経外科と連携し、適宜、適切な施設にご紹介させていただきます。

時間が勝負となる脳梗塞(脳塞栓)においては、超急性期治療も行っていますが、人員の問題もあり、血栓回収療法に関しては24時間、365日の対応は困難な状態です。 他施設(倉吉、米子)へ転送が必要となることがあり得ること(現にそのような事例が存在します)をご了解ください。 また、鳥取大学と連携し、その他の脳血管内治療(脳動脈瘤塞栓術、ステント治療など)も積極的に行っています。

脳出血、脳腫瘍、水頭症等においては、適応を慎重に選びながら、低侵襲な神経内視鏡手術も積極的に行っています。

非常に限られた最小限の人員で診療を行っていますので、緊急性の高い患者さんが優先されます(緊急手術、急患対応等により、予定の外来診療がストップし、ご迷惑をお掛けすることがあります)。 日時によっては、スタッフが1人しかいない場合もあり、病気の内容と市内他施設の受け入れ状況によっては域外(米子などへ)転送が必要なケースがあり得ることもご了解ください(これは現場の努力ではもはや解決できない問題です)。 

限られた人員で可能な医療には限界があることを十分に認識いただき、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたします。 この状況を改善するには、市民、県民の皆さんのお力が必要となります。

sample