できるだけ痛くない、怖くない治療および
最適な治療を提案します

歯科口腔外科の特色

 歯科口腔外科は、歯、舌、口蓋、頬粘膜、顎骨、顎関節、唾液腺などの顎口腔領域の機能および形態に対する治療を目的とした診療科です。対象疾患は智歯(親知らず)や嚢胞、良性および悪性腫瘍、骨折などの外傷、顎炎などの感染症、顎関節疾患、粘膜疾患、先天奇形、唾液腺疾患など様々です。
当科は一般的な口腔外科の治療のみならず特に口腔悪性腫瘍に対しては、鳥取中、東部~但馬西部地域のがん拠点病院としての責務を果たすべく、積極的にがん診療に取り組んでいます。
 外来では現在歯科医師2名、非常勤歯科医師1名、歯科衛生士4名、看護師2名、医療助手1名で局所麻酔による小手術を中心に行っており、全身麻酔下の手術や全身管理の必要な場合には入院下で治療を行っています。
 困難な治療の場合は高度専門機関の鳥取大学病院歯科口腔外科と連携して治療を行っております。

写真1

医療機関の認定

  • 地域がん診療連携拠点病院
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本口腔外科学会専門医認定制度専門医・指導医研修施設
  • 地域歯科診療支援病院

診療内容

  1. 口腔がんの治療・・・舌癌を中心に上顎癌、下顎癌、口底、頬粘膜癌、口蓋癌、口唇癌等に対応しています。他科と連携をしながら手術療法を主として小さな再建であればオトガイ下皮弁や頸部島状皮弁などの局所有茎皮弁再建を自科で行い、大きな再建は形成外科により血管吻合による遊離皮弁再建等を行っています。術後は必要に応じて放射線治療や化学療法等を行います。

  2. 顎変形症の治療・・・保険顎矯正治療が可能な矯正歯科医院と連携し、手術は下顎枝矢状分割術、下顎枝垂直骨切り術、上顎骨骨切り術等の顎変形症手術を行っています。
    (保険治療による顎矯正の連携希望の矯正歯科医院があればご連絡下さい)

  3. 顎顔面インプラント・・・歯科インプラントは歯牙欠損に対し人工歯根の顎骨内埋入による咬合再建を行い、難症例には上顎洞挙上術(サイナスリフト)や骨移植を行います。基本的にすべて自費診療となります。例外として口腔癌や骨髄炎、先天性疾患により顎骨が1/3以上欠損している場合、保険適応となります。

  4. 顔面骨折、外傷・・・交通事故などによる顎顔面の骨折や損傷に対し咬合、咀嚼機能および審美性の回復を行います。上下顎骨骨折を中心に、顎関節突起骨折や頬骨骨折等に対応しています。

  5. 口腔顎顔面の歯性感染症・・・歯が痛くて顔面が腫れてきて口が開かない、熱が出る、痛みが改善しない等、口腔顎顔面領域の感染症による膿瘍、蜂窩織炎などの治療を行います。

  6. 難抜歯、親知らず(智歯)抜歯・・・ケースによって難易度が異なりますので当日抜歯できない場合があります。また無痛治療を希望されたり、治療期間の短縮や術中の不安軽減を望まれたりする患者さんに対し、静脈内鎮静法を用いた入院抜歯(1泊2日)や全身麻酔下で行っています。

  7. 薬剤関連顎骨壊死・・・ 骨粗しょう症やがんの骨転移に用いられるビスフォスフォネート系製剤や骨吸収抑制剤、がん細胞の増殖を抑える血管新生阻害薬が原因で、顎骨壊死を引き起こすことがあり、治療を行います。

  8. 有病者歯科診療・・・一般的に健康な方の歯科治療に関してはかかりつけ開業医の先生方にお願いをしております。歯科疾患治療が困難な有病者、障害者や認知疾患者に対して必要に応じて静脈内鎮静法や全身麻酔下での歯科治療を行います。

  9. 顎関節疾患患者・・・薬物療法や運動、理学療法、スプリント療法、顎関節洗浄を行い、顎関節脱臼に対する治療や腫瘍性病変が原因の場合は顎関節腫瘍の手術も行っております。

  10. 周術期口腔ケア・・・周術期口腔ケアとは、がん等に対する全身麻酔下での手術前後の患者さん、放射線治療や化学療法(抗がん剤治療)中の患者さんに対して、円滑に治療が進むように口腔内のトラブルを防ぐために口腔管理を行います。その結果、術後の発熱や重症合併症が減少するなど、早期の社会復帰に繋がることが報告されております。
    当科でも歯科医師、歯科衛生士により他科と連携し周術期口腔管理を行っております。

~口腔がんについて~

 口腔がんは全がんの約1%、高齢化社会に伴い、口腔癌の罹患数は増加しており、年間約8000人が口腔がんに罹患しています。発生頻度は、舌>歯肉>口底>頬粘膜>口蓋で、中でも舌癌が60%と多くみられます。
 口腔・咽頭癌は2013年の国立がんセンターの統計で死因が10位で、死亡率46.1%ですが、早期発見、早期治療を行うことにより5年生存率が70~90%と高くなります。治療施設にもよりますが、病期別の5年生存率は、1.期で90%、2.期で70%、3.期で60%、4.期で40%といわれています。そのため早期発見、早期治療が必要です。
 口腔癌の治療法は手術、放射線治療、化学療法の組み合わせで行われますが、可能ならば手術が一番望ましい治療法です。小さながんであれば切除のみですが大きながんの場合は舌や顎を切除し、再建が必要となります。

 口腔癌は口腔内の舌や頬粘膜や歯肉に最初は口内炎のような症状を認め、痛みもないことが多いです。なかなか治らない口内炎や、じくじくして出血する、硬いようなしこりがある、白色や赤色を認めるなど少しでも異常を感じたら医療機関に相談ください。口腔癌は早期に発見、早期治療を行えば治る疾患です。

診療実績

初診患者数および院外紹介患者数

写真3

入院手術件数

入院手術件数

 

メッセージ

患者様へ
  • 初診時紹介状をお持ちでない場合、非紹介加算3300円が加算されます。
  • 受診時に必ずお薬手帳をお持ちください。
  • 基本的にう蝕などの一般歯科治療は当院に長期入院中の急性症状のある方、全身疾患により治療が難しく、かかりつけ歯科または医科の先生から紹介された方のみを対象としています。それ以外の場合は、地域の連携歯科医院をご紹介させていただいております。
  • 外来での手術に対し恐怖心が強い方は静脈内鎮静法を用いて治療を行っています。担当医へご相談ください。
  • 口腔癌は口腔内の舌や頬粘膜や歯肉に最初は口内炎のような症状を認め、痛みもないことが多いです。なかなか治らない口内炎や、じくじくして出血する、硬いようなしこりがある、白色や赤色を認めるなど少しでも異常を感じたら医療機関に相談ください。口腔癌は早期に発見、早期治療を行えば治る疾患です。
医療機関の先生方へ

 当科の初診患者数は年々増加傾向にあり先生方より年間約1000人のご紹介をいただき誠にありがとうございます。今後も鳥取県中東部および但馬西部地域の歯科口腔外科の基幹病院として先生方と積極的に地域医療連携を行い、患者様に満足される高度医療の提供を行ってまいります。
 当日紹介の抜歯に関しては、患者さんの状態、ケースにより可能であればできるだけ行いますが、安全のためにも後日、抜歯となる場合があることをご了承ください。症例でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

診療担当表

診療室名
口外1 木谷 木谷 木谷 木谷 木谷
口外2 大淵 大淵 大淵 大淵 大淵
口外3 鳥大Dr
  • 紹介状の有無に関わらず、予約外初診・予約外再診は10時までの受付です。
  • 水・木曜日の午後は入院下手術、月・火・金曜日の午後は主に外来手術を行います。

木谷 憲典

(きだに かずのり)(部長)
専門分野
  • 口腔がん
  • 顎顔面外傷
  • 顎顔面インプラント
  • 顎変形症
  • 口腔外科全般
資格
  • 日本口腔外科学会 専門医・指導医・代議員
  • 日本がん治療学会認定医(歯科口腔外科)・指導責任者
  • 医学博士
  • 日本口腔ケア学会評議員
  • 臨床研修歯科指導医)

大淵 幸与

(おおぶち さちよ)(医長)
専門分野
  • 口腔外科全般
  • 周術期口腔ケア
資格
  • 日本口腔外科学会認定医
  • 臨床研修歯科指導医
  • 医学博士

sample

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000