当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

医師紹介

楢崎 晃史

(部長)平成5年卒
専門分野 糖尿病代謝内科
資格
  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会 専門医・指導医
  • 日本糖尿病協会 療養指導医
  • 日本病態栄養学会 専門医・指導医
  • 日本静脈経腸栄養学会 認定医
  • 日本体育協会 公認スポーツドクター

村尾 和良

(部長)平成11年卒
専門分野 糖尿病代謝内科
資格
  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会 専門医
  • 日本糖尿病協会 療養指導医
  • 日本プライマリ・ケア・連合学会 認定医・指導医

安東 史博

(医長)平成12年卒
専門分野 糖尿病代謝内科
資格
  • 日本糖尿病協会 療養指導医

診療内容

糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などの生活習慣病を中心に、甲状腺疾患などの内分泌疾患も併せて診療しています。
鳥取県保険医療計画に於いて当院は、糖尿病の急性増悪時治療、並びに専門治療を行う医療機関と位置付けられており、「かかりつけ医」との病診連携を目的とした糖尿病地域連携パスでは専門医療機関としての役割を担っています。
網膜症、腎症、神経障害、或いは動脈硬化性疾患や歯周病などの糖尿病合併症の診療を進めていくうえで、眼科、神経内科、心臓内科、心臓血管外科、歯科口腔外科、血液浄化室などの関連各部門との診療連携は欠かせません。
同時に医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、歯科衛生士、視能訓練士で構成される糖尿病サポートチーム(DST:Ditabetic Support Team)のメンバーを中心に展開する糖尿病療養指導も、極めて重要な位置を占めます。糖尿病・内分泌・代謝内科としては、診療連携と療養指導を車輪の両輪とし、チーム医療を重視した診療を行っています。
DSTメンバーの多くは、日本糖尿病療養指導士、鳥取県糖尿病療養指導士などの資格を取得し、糖尿病療養指導に関する研鑽を積んでおり、個別の課題に対して柔軟に対応できる様に心がけています。
1型糖尿病、小児思春期糖尿病、妊娠糖尿病についても、小児科、産婦人科などの関連診療科と連携しながら診療しています。
sample