メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

血糖コントロールのための「Patient-Centered Approach」


糖尿病は、確かに初期には目立った自覚症状もなく、ありふれた病気(Common Disease)かもしれません

 鳥取県立中央病院は、地域の中核病院として高度急性期医療を提供する事を病院の基本方針としていますから、目立った自覚症状もなく、健診で指摘される、ありふれた病気である糖尿病のことは、もしかしたら当院を受診される皆様方の頭の中からすっぽり抜け落ちてしまっているかもしれません。ところがコントロール不良状態の糖尿病は高度急性期医療の治療成績悪化をもたらしうる基礎疾患の一つでもあります。


糖尿病は進行すると様々な合併症を発症しますし、加齢に伴って増加する多くの疾患の有病率が明らかに高くなります

 日本糖尿病学会は、糖尿病治療の目標として、従来から血糖、血圧、脂質代謝の良好なコントロール状態と適正体重の維持、及び禁煙の遵守を通して、糖尿病の合併症の発症、進展を阻止し、健康な人と変わらない寿命の確保を掲げていましたが、2019年の診療ガイドライン改訂を受けて、従来の目標に加えて、高齢化に伴う併存症(認知症、フレイル、サルコペニア、悪性新生物など)の予防管理、或いは糖尿病が原因となる「スティグマ」を取り除くためのアドボカシー活動の必要性を提示しています。


糖尿病の病態は患者さんの数だけ存在します

 糖尿病は、「インスリンの作用不足による慢性の高血糖状態を主張とする代謝疾患群」であると学術的には定義されています。ただ糖尿病と一口にいっても、インスリン分泌能(血糖を制御する物質であるインスリンを作る能力)、インスリン抵抗性(インスリンの効き具合)の程度は患者さん毎に異なりますし、食事、運動といった生活習慣も、患者さん毎に異なります。合併症や併存疾患の状態も皆さんそれぞれ異なります。糖尿病の病態は、それら全てが積算されたものですから、患者さん毎にアプローチの仕方を変えていかなければ、コントロールを行うことは容易ではありません。


個別性に対応するためのチームアプローチ

 十人十色の患者さんと向き合い、個々の病態に応じた「Patient-Centered Approach」を実現するためには、多職種から構成されるチームアプローチが有効だとされています。当院では医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、歯科衛生士、視能訓練士から構成される糖尿病サポートチーム(DST:Ditabetic Support Team)のメンバーが中心となり、糖尿病療養指導を展開しています。


診療内容

 糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症などの代謝性疾患を中心に診療しています。甲状腺疾患などの内分泌疾患も併せて診療しています。
糖尿病については1型糖尿病、小児思春期糖尿病、妊娠糖尿病の診療も行っています。


糖尿病教室

当科では水曜日開始、火曜日終了の1週間コースで糖尿病教育入院プログラムを実施しています。

水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日 月曜日 火曜日
糖尿病とは
(医師)
14時~15時
食事について
~基礎編~
(管理栄養士)
14時~15時
合併症のはなし
(医師)
14時~15時
おやすみ おやすみ 食事について
~応用編~
(管理栄養士)
14時~15時
日常生活で
注意すること
(看護師)
14時~15時
足を守るために
(看護師)
15時~16時
薬のはなし
(薬剤師)
15時~16時
目を守るために
(視能訓練士)
15時~15時15分
    歯と口を守るために
(歯科衛生士)
15時~15分
検査のはなし
(臨床検査技師)
15時~16時
    運動のはなし
(理学療法士)
15時15分~
16時15分
       

メッセージ

 糖尿病の療養指導に従事する医療従事者のうち、日本糖尿病療養指導士認定機構が認定している5職種(看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師)全てが在籍している施設は、鳥取県内では当院と米子市の山陰労災病院の2施設のみです。
 また糖尿病教室等で療養指導に従事している歯科衛生士、視能訓練士にも、地域糖尿病療養指導士(鳥取県糖尿病療養指導士)取得者が在籍しており、より質の高い糖尿病療養指導を提供するための体制整備を心がけています。

医師

医師紹介

楢崎 晃史

(部長)1993年卒
専門分野 糖尿病代謝内科
資格
  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会 専門医・指導医
  • 日本糖尿病協会 療養指導医
  • 日本病態栄養学会 専門医・指導医
  • 日本静脈経腸栄養学会 認定医
  • 日本体育協会 公認スポーツドクター

村尾 和良

(部長)1999年卒
専門分野 糖尿病代謝内科
資格
  • 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会 専門医
  • 日本糖尿病協会 療養指導医
  • 日本プライマリ・ケア・連合学会 認定医・指導医

門脇 佳名子

(医師)2016年卒
専門分野 糖尿病・内分泌・代謝
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本内分泌学会

sample

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000