当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

那須 博司

(部長)昭和61年卒
専門分野 虚血性心臓病のインターベンション治療
資格
  • 日本循環器学会 認定循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 指導医
  • 日本内科学会 認定内科医・認定内科専門医・指導医
  • 鳥取大学医学部 臨床教授

菅 敏光

(部長)平成2年卒
専門分野 不整脈のインターベンション治療
資格
  • 日本循環器学会 認定循環器専門医
  • 日本不整脈心電学会 認定不整脈専門医
  • 日本内科学会 認定内科医・指導医
  • America Heart Association 認定ACLSプロバイダー
  • 日本救急医学会 認定ICLSインストラクター
  • 鳥取大学医学部 臨床教授

吉田 泰之

(副院長)昭和59年卒
専門分野 心臓内科一般
資格
  • 日本心血管インターベンション治療学会 名誉専門医
  • 日本内科学会 認定内科医・指導医
  • 日本糖尿病学会 糖尿病専門医
  • 日本病院総合診療科医学会 認定病院総合診療医
  • 鳥取大学医学部 臨床教授
  • 自治医科大学 臨床教授

影嶋 健二

(部長)平成15年卒
専門分野 心臓内科一般
資格
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本循環器学会 循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会 認定医・指導医
  • 日本心臓リハビリテーション学会 心臓リハビリテーション指導士
  • 日本内科学会 JMECCインストラクター

小坂田 皓平

(医師)
専門分野 循環器学一般
資格
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本循環器学会
  • 日本心血管インターベンション治療学会
  • 日本成人先天性心疾患学会

心臓疾患に対する専門的医療を担当しています。
急性冠症候群に対しては365日(24時間)対応できる体制をとっており、心臓カテーテル検査は年間約650例(内、約150例は緊急検査)、経皮的冠動脈形成術は年間約220例を行い、良好な治療成績を上げています。また当院では鳥取県東部で唯一、ローターブレーターによる治療を行っています。2018年からは経皮的大動脈弁拡張術を導入しました。
近年は、冠動脈CT検査(年間約560件)、心筋シンチ検査(年間約150件)、心臓MRI(年間約30件)など外来検査の充実により入院での心臓カテーテル検査を行うことなく診断が可能となり患者様の負担軽減につながっています。
日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会のほか、2012年から不整脈専門医研修施設として認定され、カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)は年間約150例(内、心房細動 年間約120例、その他 年間約30例)行っています。心房細動治療については患者様に苦痛のない治療を目指しております。
植え込みデバイスについては、ペースメーカ植え込み術は年間約80例を行い、更に植込型除細動器植え込み、心臓再同期療法による不整脈治療も行っています。2018年からリードレスペースメーカー植え込みを導入しています。その他にもホルター心電図やイベントレコーダー、スパイダーフラッシュ、植込型ループレコーダーなど外来での不整脈精査も充実しています。
この他には院内5名の心臓リハビリテーション指導士を中心に、包括的な心臓リハビリテーションを提供し、心臓病の方の社会復帰、再発予防に取り組んでいます。
sample