当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

中村 一彦

(部長(統括))昭和61年卒
専門分野 IVR,放射線治療
資格
  • 日本医学放射線学会 放射線治療専門医・研修指導者
  • 日本インターベンショナルラジオロジー学会 専門医・代議員
  • 日本がん治療認定医機構 認定医
  • 鳥取大学医学部 臨床教授
  • 日本DMAT隊員

松末 英司

(部長(神経放射線))平成6年卒
専門分野 画像診断
資格
  • 日本医学放射線学会 放射線診断専門医・研修指導者
  • 日本核医学会 核医学専門医・PET核医学認定医

井上 千恵

(医長)平成15年卒
専門分野 画像診断
資格
  • 日本医学放射線学会 放射線診断専門医・研修指導者
  • 日本核医学会 核医学専門医・PET核医学認定医

医療制度の大きな変革の中で、患者さんに質の高い医療を提供するためには、各分野の専門医が適切な診断・治療方針を協議し、決定していくことが重要です。
地域がん診療連携拠点病院でもある当院においても、画像診断の専門家である画像診断医、そして悪性腫瘍治療の専門家である放射線腫瘍医が大切な役割を果たしています。

1. 画像診断

 画像診断をもっぱらに行う放射線科医を画像診断医と呼ぶようになり、その需要は近年急速に高まっています。
Evidence-based Medicine(EBM)に裏付けされた安心で安全でそして最適な治療を行うためには、確かな診断が必要です。
このような現状の中、当院の画像診断装置は、CTは64列と320列のCT装置が整備され、MRIは1.5T(テスラ)と3T(テスラ)のMRI装置が整備されており、さらに核医学検査装置はガンマカメラに加えて最新鋭のPET/CT装置が整備されました。
また、最適な診断を行うための画像診断支援装置は11台が整備されており、2名の放射線診断専門医が中心となって良質な画像診断を提供しています。

2. IVR(インターベンショナルラジオロジー:画像下治療)

 IVR(インターベンショナルラジオロジー:画像下治療)は、画像診断装置を用いて、画像誘導下に、低侵襲的に治療を行う手技のことを指します。
治療効果に比較して治療に伴う侵襲が少ないという特徴があり、従来は血管内治療あるいは低侵襲治療とも呼ばれていましたが、現在は画像下治療と呼ばれています。
外科の領域でも侵襲の大きな手術をすることは減ってきています。
IVRの代表的な手技としては、古典的には肝細胞癌に対する肝動脈塞栓療術が挙げられますが、その他にも管腔臓器の狭窄閉塞を改善するステント挿入術や、がんによる体腔液貯留に対する経皮的ドレナージ術等があり、QOLが重視されるがん治療における応用範囲が広く、外科療法、放射線療法および化学療法とならぶがん診療の4本目の柱となり得る治療です。
当院では、IVRに特化した血管撮影装置と64列CT装置とが一体となったIVR-CT/Angioシステム(IVR-CT)が整備されており、IVR学会専門医が高度な治療に当たらせていただきます。
特に、CTガイド下生検あるいは血管内コイル塞栓術においては、全国レベルの実績を有しています。

3. 放射線治療

放射線治療の特徴は、苦痛が少なく、臓器の機能や形態の温存ができ、低侵襲であることと、外来通院で治療が可能であり、仕事や日常生活を維持しながら治療できることがあげられます。
さらに、技術の進歩の結果、がん細胞をピンポイントで狙える高精度放射線治療が可能となり、部位によっては手術に匹敵する局所制御が得られるようになり、根治性が向上しています。
一方で、がんによる圧迫や浸潤に伴う種々の苦痛や症状を緩和することが可能であり、緩和医療としての役割も重要です。
新病院の開設に併せ、当院では強度変調放射線治療装置(IMRT)が整備されました。
IMRTとは、腫瘍に対して色々な方向から放射線を当てるときに、ぞれぞれの方向からの放射線の量を変化させ、腫瘍の形に適した放射線治療を行う新しい照射方法です。
腫瘍に放射線を集中させ、周囲の正常組織への照射を減らすことができるため、副作用を増加させることなく、より強い放射線を腫瘍に照射することが可能になります。
当院では、常勤の放射線治療専門医が、品質管理士、医学物理士およびがん放射線療法認定看護師との協働の下、良質な治療を提供させていただきます。

sample