2級土木施工管理技術検定実地試験対策講習を開催します。

(1)研修日時
・第1回実地対策講習会 平成30年9月18日(火)、19日(水)
・第2回実地対策講習会 平成30年10月11日(木)、12日(金)
※各日とも午前10時~午後4時

(2)場所
・(公財)鳥取県建設技術センター 2階 研修室 
・倉吉市福庭町2丁目23番地

(3)受講人数
・40名(先着順)
・ただし、1事業者当たり5名を上限とします。

(4)受講対象者
・鳥取県内に本店を有する建設業者に従事する平成30年4月1日時点で40歳以下の者で、平成30年10月28日に実施される2級土木施工管理技術検定(学科試験及び実地試験)の受験者とします。
・なお、鳥取県建設労働者等スキルアップ研修フォロー事業交付金の対象となりませんが、41歳以上の者の受講も可とします。
・ただし、受講希望者数が多い場合は、40歳以下の者の受講を優先します。

(5)研修プログラム   
 日程  内容
 平成30年9月18日(火)  午前:実地試験における施工経験記述対策
 午後:出題傾向と対策
 平成30年9月19日(水)  記述試験対策の演習
 平成30年10月11日(木)  提出された論文の講評、復習
 平成30年10月12日(金)  講評論文の復習整理、実地試験に向けた論文完成
   

(6)申込期限および申込方法
・平成30年9月5日(水)午後5時までに受講申込書を電子メール又はファクシミリにより提出してください。

 受講申込書(xlsx 15KB)
 
(7)合格体験記
・試験に合格された方へは、別途合格体験記の作成を依頼させていただきます。
・合格された方の合格体験記は下記リンクをご覧ください。
 合格体験記(pdf 79KB)

鳥取県建設労働者等スキルアップ研修フォロー事業交付金により、研修を受講する際、その研修期間中、受講者の業務をフォローする方の人件費の一部を助成します。