当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
中部総合事務所生活環境局のホームページ
 メンテナンスのため、8月18日(火) 午前3時~午前4時30分の間、閲覧できない状態が数回発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

 地域に衛生的で安全な食品が製造・供給されるよう、食品衛生の確保及び食品表示の適正化に努めています。

8月は食品衛生月間です

8月は食品衛生月間です。

暑い日が続き、食品の調理・保管等について特に注意が必要となります。

お盆の期間中は、食品の取扱いも多くなり、保存・管理が

悪くなりがちですので注意してください。 

汚れを数値化する機器を使って、手洗いの効果、洗浄の効果を試してみました!

 詳細はこちらのページへ

食中毒を防ぐため、次のことに注意しましょう。

1.  調理をする前は、手をよく洗いましょう。

  手に傷がある場合は、決して素手で調理をしないようにしましょう。

2.  魚や肉を取扱う時は、まな板、包丁を十分に洗いましょう。

3.  魚や肉などは中まで十分に加熱しましょう。

  刺身を調理するときは、水道の水でよく洗い、食べるまで冷蔵庫に入れておくか、

  早く食べるようにしましょう。

4.  火を通さない料理は、一度に作りすぎないようにし、残らないようにしましょう。

  冷蔵庫の開け閉めは、極力少なくしましょう。

5.  仕出し料理などを取る場合は、食べる直前に配達してもらうようにし、

  長時間放置することがないように注意すると共に、食べ残したもので

  保存のきかないものは思い切って捨てましょう。  

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント

(PDF形式:580KB)

できていますか?衛生的な手洗い

(PDF形式:1MB) 

   

出典:厚生労働省ホームページ

食中毒予防の3原則

「付けない(清潔)」、「増やさない(迅速・冷却)」、「やっつける(加熱)」
を守って、健康に過ごしましょう。


事業者のみなさんへ 

現在の食品の調理・保管方法等を点検し、食中毒を防ぐため、次のことに注意してください。

1. 原材料の保管にあたっては、表示に従って冷蔵・冷凍等の保管を確実に行うこと。

  また、先入れ先出しを励行すること。鮮魚や精肉は10℃以下で冷蔵すること。

2. 原材料と調理済み食品の混在を避け、原材料からの汚染を防止すること。

3. 調理済み食品を保管する場合は、冷蔵・冷凍等の保存を確実に行うこと。

4. 仕出し料理・弁当にあっては、多くの受注を受け前日調理をするなどといった、

  通常時の受注能力を超えることをしないこと。

5. 食品は中心部まで十分加熱すること。なお、弁当にあっては、生ものを避けること。

6. 検食の保存を励行すること。

7. 嘔吐、下痢等の体調異常者は調理に従事しないこと。

生食用食肉取扱に関する講習会の開催について

生食用食肉取扱に関する講習会を実施します。
生食用食肉を取扱う食肉処理施設、食肉販売店及び飲食店の方で、実際に生食用食肉を取り扱う者、又は生食用食肉を取り扱う者の監督者が対象となります。

鳥取県では、牛の生食用食肉および馬の生食用食肉を取り扱う場合に講習会の受講が必須です。

受講には申込みが必要となります。

くわしくはこちらをご覧ください。(くらしの安心推進課ホームページにリンク)

  

関係団体

  

問合せ先

中部総合事務所 生活環境局 生活安全課
電話:0858-23-3117、3157  Fax:0858-23-3266

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000