当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

住みよい県土づくり表彰式

「第19回住みよい県土づくり表彰式」を開催しました

 11月27日、とりぎん文化会館(鳥取市)において、「第19回住みよい県土づくり表彰式」を開催しました。        

 この表彰式は、他の模範となる優良建設工事の施工者、技術者、土木施設において清掃・草刈等の活動に貢献したランティア団体等、および、建設労働者雇用改善について積極的な活動を展開して成果が見られる建設業者を表彰するほか、国から顕彰された建設事業優良施工者(建設マスター)を披露する等、建設業の魅力や公共工事の果たす役割について理解を深めていただくことを目的としているものです。

 式では、平井知事と中島県議会地域づくり県土警察常任委員会委員長から、各分野で表彰等の対象となった方々約60名の功績への謝辞が述べられ、業界関係団体からの来賓も見守る中、それぞれ表彰状が授与されました。

 また、高齢化と若手入職者の減少が著しい建設業界にあって、若手技術者の意欲や地位の向上を図る目的で、今年、優良工事を施工した35歳以下の若手優良技術者を表彰する制度を創設し、この日、その代表者に初めて表彰状が贈られました。

 授与式の後、優良工事表彰受賞した施工者のうち、2社(土木工事、建築工事)から事例発表をいただき、参列の 事業者間において施工に係るノウハウ等の共有に資するものとなりました。

 なお、来月、受賞工事に係るパネル展示を県内各地で行うほか、優良工事表彰を受賞した元請業者からの推薦に基づく、「優良下請負業者表彰式」も開催する予定としています。

 (表彰、パネル展示の概要)

http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/webview/

8D5E913B250DD4DE492584B7002BE11A?OpenDocument