当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
メンテナンスのため、10月4日(日) 8時45分~14時10分(予定)の間、閲覧できない状態が数回発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

雪崩(なだれ)対策事業

雪崩災害をふせぐ

 雪崩による災害を防ぐ施設としては、雪崩が発生しないようにする施設と、もし雪崩が発生しても、それがふもとまでとどかないようにする施設の2つがあります。
 予防柵は、山の斜面に積もった雪がすべり落ちるのをおさえて、雪崩が起こらないようにするための柵です。これを、山の斜面の上のほうに、何列も並べて作ります。
 一方、もし雪崩が発生しても、民家などを直撃することがないように、山のふもとに雪崩を受け止める柵(防護柵)や壁(防護壁)を作ります。
 雪崩予防柵
 雪崩予防柵

雪崩災害に注意しましょう!

鳥取県は国内でも有数の豪雪地域であり、県内には約1,300箇所もの雪崩危険箇所がありますので、雪崩災害には十分ご注意ください。
 ⇒雪崩災害に注意しましょう!
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000