雨が止んだ後も土砂災害にご注意ください!!

 土砂災害(がけ崩れ、土石流、地すべり)は雨が降ったときに発生することが一般的ですが、雨の後や雨が全く降っていない状況でも発生することがあります。

 裏山やがけ付近でふだんとは違う異常を感じたときは、直ちに周りの人と安全な場所へ避難し、県の関係機関または最寄りの市町村役場へ連絡してください。

  

雨が降らない時に発生する土砂災害

特徴

  • 夕立のような短時間の降雨の後に発生することは少ない。
  • 長雨の後、一週間程度遅れて発生することもある。
  • 土の中の水分量が多いため、流動化することが多い。
  • 事前の避難や通行規制等を実施することが困難。
  • 人命や家屋被害に繋がる可能性が高い。
  • 前兆現象を伴うことが多い。

要因

  • 土の中の水分量が多くなり、斜面が耐えられなくなった場合に発生。
  • 長雨や地下水の流入による影響が大きい。

土砂災害の前兆現象

 次のような現象は、土砂災害が前ぶれかもしれません。
 直ちに周りの人と安全な場所へ避難するとともに、最寄りの市町村、県事務所連絡してください。
 これらは雨が降っていない場合でも起こりますので、注意してください。

  • 川の水がにごる
  • 川の水位が下がる
  • 山の斜面に亀裂が走る
  • 山の斜面から石が落ちてくる
  • 湧き水が止まる、または増える
  • 井戸水がにごる
  • 地鳴りがする
  • こげくさいにおいがする

鳥取県の関係機関

異常を察知したら、下記の関係機関または最寄りの市町役場へ通報してください。 

鳥取県土整備事務所 維持管理課 0857-20-3643
八頭県土整備事務所 維持管理課 0858-72-3806
中部総合事務所県土整備局 維持管理課 0858-23-3218
西部総合事務所米子県土整備局 維持管理課 0859-31-9714
西部総合事務所日野振興センター日野県土整備局 維持管理課 0859-72-2048
鳥取県庁治山砂防課 0857-26-7376

 

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000