ヘルパンギーナ情報

鳥取県のヘルパンギーナの流行情報

ヘルパンギーナ警報は解除されました。


令和3年第48週(11月29日~12月5日)で、東部地区で流行していますが、警報終息基準値を下回ったため、警報は解除されました。

警報は解除されましたが、引き続き手洗い、手指の消毒など感染症予防を行い、症状があった場合は早めに医療機関を受診しましょう。

鳥取県のヘルパンギーナ発生状況(令和3年第48週3点グラフ)
(Excelファイル:1,492KB)

ヘルパンギーナについて

ヘルパンギーナは、エンテロウイルス属ウイルスによる感染症で、飛沫、接触、経口感染します。毎年初夏から秋にかけて流行が見られ、感染して2~4日の潜伏期の後、突然の発熱とのどの痛みが症状としてあらわれます。
患者の年齢は主に5歳以下がほとんどで、1歳代が最も多く乳幼児の夏かぜの代表的なものです。
ワクチンなどの特別な予防法はなく、感染を防ぐためには患者との濃厚接触を避け、手洗いなどの一般的な予防法を励行することです。
日頃から、外出後、食事の前、トイレの後は流水と石けんでしっかり手を洗うよう心がけましょう。

ヘルパンギーナについて(国立感染症研究所HPへ)
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000