当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

文化芸術と交流

オリンピックの象徴である聖火は、121日間をかけて日本全国47都道府県を巡ります。鳥取県でも2020年5月22~23日の2日間、オリンピック聖火リレーが実施されます!
江戸時代の鳥取藩の歴代藩主は、中国僧隠元和尚が伝えた臨済宗(りんざいしゅう)黄檗派(おうばくは、明治以後黄檗宗)という新進の仏教を信仰し、その菩提寺である興禅寺(こうぜんじ)は「黄檗三叢林」とされ高い寺格を誇りました。本展は、江戸時代鳥取における黄檗宗に光を当てる初めての試みで、鳥取の文化に大きな影響を与えた黄檗の歴史を紹介します。