鳥取県立公文書館入口の写真

 鳥取県立公文書館では、歴史資料として重要な鳥取県の公文書や行政資料、統計資料を収集・保存しています。

 また、新鳥取県史編さん事業の成果や収集資料を活用する取り組みも行っています。

 皆様のご来館を心よりお待ちしています。

ご来館予定の皆様へ(新型コロナウィルス感染症対策について)

5月7日より、当館展示コーナー・閲覧室の利用を再開します。
引き続き、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、資料相談は電話、電子メール、郵送、ファクシミリでの対応を基本とさせていただきますので、ご理解の上、あらかじめ電話、電子メールなどでお問い合わせください。

なお、観覧・閲覧に当たっては、次の点にご協力ください。
・せき、のどの痛み、発熱(37.5度以上)などの症状がある方は、ご利用をお控えください。

・マスクの着用にご協力ください。

・手指消毒液を設置しておりますので、ご利用ください。

スタッフもマスクを着用して業務を行いますが、ご理解をお願いします。

鳥取県立公文書館30周年記念・『新鳥取県史』全巻刊行記念シンポジウム「麒麟がくる」の時代と鳥取―明智光秀と羽柴秀吉―

講演会リーフレット

平成18年度~令和元年度に編さんを行った『新鳥取県史』の全巻刊行を記念して、歴史学の第一線で活躍中の学識経験者による講演会を開催するとともに、新鳥取県史編さん委員を中心に、今回の編さん事業の成果や残された課題、収集資料や編さん成果の活用のありかた等について意見交換を行い、今後の取り組みにつなげていくことを目的とするシンポジウムを開催します。詳しくは鳥取県立公文書館30周年記念・『新鳥取県史』全巻刊行記念シンポジウムをご覧ください。

 

日時:令和2年11月7日(土)午後1時から午後3時30分まで(12時30分開場)
会場:とりぎん文化会館 小ホール 入場無料・要申込(定員150名・先着順)
※申込締切 令和2年10月29日(木)必着 ホームページからもお申込みができます。

お問い合わせ先:鳥取県立公文書館(鳥取市尚徳町101 電話:0857-26-8160)

公文書館機能普及セミナーin鳥取

公文書館機能普及セミナーin鳥取

-公文書館機能を考える。鳥取からの発信-

 歴史的に重要な公文書等を残し、その保存・活用を考えることは、全国の自治体において大きな課題です。その答えを見つける取組を鳥取県から発信します。 詳しくは「公文書館機能普及セミナーin鳥取」の開催についてをご覧ください。

【日 時】 令和2年11月19日(木)13時30分から16時30分まで
【会 場】 鳥取市民会館大ホール(鳥取市掛出町12番地)
※申込締切:令和2年11月8日(日)必着
【お申し込み・問い合わせ先】
全史料協調査・研究委員会事務局(徳島県立文書館)
〒770-8070 徳島市八万町向寺山(電話088-668-3700)

臨時休館のお知らせ(10月29日(木)、11月30日(月))

 企画展開催に伴う展示替え作業のため10月29日(木)及び11月30日(月)は終日臨時休館させていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

なお、10月30日(金)~11月29日(日)には開館30周年記念展「映像フィルムに刻まれた昭和のとっとり-16mmフィルムから再現された記録-」を開催いたします。
みなさまのご来館を心からお待ちしております。

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000