当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  

2019年10月2日

島根大学歴史学専修演習の皆さんに鳥取大火時の米軍支給物資の説明をしました

 9月12日(とっとり県民の日)に島根大学法文学部歴史学専修演習の4名の皆さんが来館され、研究テーマである昭和27年4月鳥取大火の救援活動について調査されました。当日は、鳥取大火と占領期の鳥取に関する概要紹介のほかに、鳥取市の上田勝俊さんに大火時に米軍在日兵站司令部から配給されたレーション(戦闘糧食)の箱と匙(さじ)などを持参していただき、用途などを詳しく紹介していただきました。

 

レーションを持参された上田勝利俊さn

米軍兵站司令部からの救援物資(レーション:戦闘糧食)と上田勝俊さん

うう

上田さんのお姉さんはこの箱の天面を画板代わりに使用していたという。

dd

配給時に入っていた缶切りとスプーン

上田さん記憶に基づくレーション内容物

上田さんの記憶に基づくレーション内容物のスケッチ

公文書館 2019/10/02

2019年9月19日

山田繁様・玲子様ご夫妻(山田信道ご子孫)来館

令和元年9月17日(火)に山田様ご夫妻が来館されました。曾祖父である山田信道の肖像写真や山田家に伝わる男爵大礼服などを観覧し、「写真も大礼服も貴重な資料だと思います。若い世代が珍しい大礼服を見て、歴史を知るきっかけになってくれれば」と話されました。

大礼服を観覧する山田ご夫妻
大礼服を観覧する山田ご夫妻
山田信道の紀功碑の説明を受ける山田ご夫妻
山田信道の紀功碑の説明を受ける山田ご夫妻

公文書館 2019/09/19

2019年9月19日

山瀬尋己様・理桜様・いづみ様(山瀬幸人ご子孫)、児嶋祥吾様来館

令和元年9月12日(木)に山瀬様・児嶋様(鳥取ガス株式会社会長)が来館されました。山瀬尋己様は、祖父山瀬幸人に贈った山田信道揮ごうの書などを観覧し、「先祖と山田信道の交流を示す貴重な資料だと思います」と話されました。幸人の曽孫で、ヴァイオリニストの山瀬理桜様は「人を育てるという重要な責務を担った先祖を誇りに思います」との感想を寄せられました。

山瀬幸人宛山田信道揮ごうの書の前で(左から山瀬いづみ様・尋己様・理桜様・児嶋祥吾様)
山瀬幸人宛山田信道揮ごうの書「一県教育係一身」の前で
(左から山瀬いづみ様・尋己様・理桜様・児嶋祥吾様)

公文書館 2019/09/19

2019年9月3日

令和元年度公文書管理主任研修会を開催しました

 鳥取県立公文書館では、県庁政策法務課と共同で、年1回各課の文書管理主任(主に課長補佐)を対象に研修を行っています。9月3日(火)は県庁で東部地区の職員を対象に、公文書関係条例及び関連諸規程に沿った文書事務を一層適切に行ってもらうための注意点について、島谷係長が講義を行いました。

島谷係長の講義

公文書館島谷係長の講義

会場の様子

東部地区の文書管理主任が参加

公文書館 2019/09/03

2019年8月30日

令和元年度第1回新鳥取県史編さん委員会を開催

 8月23日(金)に令和元年度第1回新鳥取県史編さん委員会を開催しました。

 会議には7名の委員が参加し、事業の実施状況や刊行物の販売状況について報告した後、今後の取り組みと来年度事業について協議しました。

写真1

公文書館 2019/08/30 in 会議など,県史編さん室