当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  

2020年6月15日

鳥取地域史研究会月例会で田中館長が講演

 6月13日(土)、鳥取県立博物館講堂で今年度最初となる鳥取地域史研究会の月例会があり、 当館の田中館長が「市町村における公文書管理の現状と課題」と題して講演を行いました(新型コロナウイルス感染予防のためフェイスシールドを付けて講演)。

 公文書館の業務や歴史的公文書の評価選別・保存等の流れについて説明した後、市町村や地域における公文書や古文書の保存・管理の現状と課題について報告し、県・市町村・県民等が協力し、県民共有の知的財産である歴史的に重要な公文書等を将来の世代へ引き継ぎましょうという話をしました。

 参加者からは「県庁の組織改正で部局が統合・移動する際の公文書の移管はどうなっているのか」「地域の学校関係資料にも目を向けてしっかり保存して欲しい」等の質問・意見が出されました。

講演会
講演会の様子

公文書館 2020/06/15 in 公文書担当,講座などのイベント

2020年6月12日

高知県から県史編さん担当の職員が来館されました

 6月12日(金)、高知県から県史編さん担当の職員2名が来館されました。

 これは来年度から始まる高知県史編さん事業の参考にするため、新鳥取県史編さん事業の取り組み等について聞き取りを行ったもので、平成18年度の新鳥取県史編さん事業の立ち上げに到る経緯や県史編さん室・編さん委員会の体制、調査計画や刊行計画等について説明した後、旧県史編さん室や遺物実測室等を案内しました。

高知県編さん担当来館写真
聞き取りの様子

公文書館 2020/06/12 in 県史活用担当

2020年3月4日

令和元年度第2回考古部会を開催しました

 1月14日(火)に、令和元年度第2回考古部会を開催しました。

 今回の新鳥取県史編さん事業で最後となる考古部会では、現在作成中の『考古2 古墳時代』の内容について検討するとともに、来年度以降の取り組みについて議論しました。

 また、委員の皆様から、平成21年度に原始古代部会から改組して始まった考古部会の総括として、貴重な御意見や御感想などをいただきました。

 本務でお忙しい中、長年にわたり携わっていただいた委員の皆様に、改めてお礼申し上げます。

考古部会写真

公文書館 2020/03/04 in 会議など,県史編さん室

2020年2月14日

令和元年度第2回現代部会を開催しました。

 令和2年2月11日、公文書館会議室にて令和元年度第2回現代部会を開催しました。

 事務局から、本年度刊行予定の『新鳥取県史資料編 現代2』の編さん状況の報告があったあと、次年度事業について協議しました。特に、県史を活用した学校教育への支援策と、オーラルヒストリーの実施方法、県史ブックレット「鳥取県の鉄道」(仮)について幅広く意見交換しました。

 最後に、本年度で県史編さん事業が終了するにあたり、各委員が現代部会の成果と課題を述べました。小山富見男部会長からは、県史事業は刊行完了をもって一区切りするが永続的なものであってほしい、手記募集・聞き取り・GHQ占領期の鳥取を学ぶ会などの活動を通じて県民参加型で歴史を掘り起こす事業ができたことが成果との発言がありました。

現代部会写真
現代部会写真

公文書館 2020/02/14 in 会議など,県史編さん室

2019年11月27日

鳥取市立醇風小学校のみなさんが来館されました

 11月27日(水)に6年2組のみなさん20名が総合学習で来館されました。「今日は何の日?」をテーマに、事前に調べたうえで疑問点を挙げて学習に臨みました。疑問のあった鳥取大火、鳥取空港、鳥取放送局、鳥取大地震、佐治アストロパーク、国民文化祭、遠藤董、二十世紀梨、鳥取砂丘、仁風閣の10項目のうち7項目を解説しました。

 熱心にメモを取っている姿がとても印象に残りました。これからも引き続き学習を進めていってほしいものです。担任の六井先生もおつかれさまでした。

銅像「遠藤董」の前で学習
銅像「遠藤董」の前で学習
田中館長のあいさつ
田中館長のあいさつ
鳥取大地震の学習
鳥取大地震の学習

公文書館 2019/11/27

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000