当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
埋蔵文化財センターのホームページ

鳥取県埋蔵文化財センター

埋蔵文化財センター周辺の風景


埋蔵文化財センターのイベントのお知らせ

【1月のイベント】

○1月6日(金)から1月31日(金)まで 新春企画展 文化財主事こだわりの一品を開催。

○好評につき、企画展 因幡伯耆の中世城館(後期)「因伯境目の気多郡を中心に」を当面継続します。

  新春企画展のチラシはこちらです。pdf(846KB)

  企画展 因幡伯耆の中世城館(後期)のチラシはこちらです。pdf(655KB)

  年間イベントカレンダーはこちらです。

【2月のイベント】

○2月14日(土)及び2月15日(日)に第1回鳥取県埋蔵文化財センター調査研究成果発表会を開催。

  発表会のチラシはこちらです。pdf(735KB)

  

新着情報

2019年07月18日
むきばんだ史跡公園で「鳥取いにしえ木の文化」の出前講座を開催!

6月29日に県立むきばんだ史跡公園で開催されたむきばんだ遺跡土曜講座で、「出土木製品で語る古の暮らし~鳥取いにしえ木の文化~」と題した講演を行いました。むきばんだ史跡公園のボランティアガイドさんのほか、一般のお客様も含めて24名の皆さんが聴講されました。

 

講演の内容は、5月16日に大阪で行った鳥取学出前講座とほぼ同じものでしたが、聴講者の皆さんはいずれも弥生時代を中心とする古代史に詳しい方ばかりでしたので、こちら側も緊張感を持ち、それでも明るく、楽しく、わかりやすくお話しするよう心掛けました。
鳥取西道路の発掘調査で出土した、縄文時代から中世までという長い時間幅の中での木製品の話は、新鮮に受け止めていただけたことと思います。

 

現在、埋蔵文化財センターで進めている、6万点以上に及ぶ木製品の調査研究の取り組みをお話しする中で、木製品の保管状況の写真をスライドでお見せしたところ、あまりの量のおびただしさに対して、ため息が聞こえてきました。

 

講演で紹介した木製品は出土品の中のほんの一部ですが、これから調査研究と保存処理を進めて、もっと多くの木製品を皆さんにご紹介していきたいと思います。

 

当日の資料はこちらから → 鳥取いにしえの木の文化.pdf(4654KB)

 

 

1月イベントカレンダー

1日(水)
 ・閉館 16日(木)  ・新春企画、中世城館企画
2日(木)  ・閉館  17日(金) ・新春企画、中世城館企画
3日(金)
 ・閉館  18日(土)

・午後開館

・特別企画

  まいぶん講座ビデオ上映

・新春企画、中世城館企画

 4日(土)

・午後開館

・お年玉特別企画

・新春企画、中世城館企画
 19日(日)  ・閉館
 5日(日)  ・閉館  20日(月) ・新春企画、中世城館企画
 6日(月) ・新春企画、中世城館企画
 21日(火) ・新春企画、中世城館企画
 7日(火) ・新春企画、中世城館企画
 22日(水) ・新春企画、中世城館企画
8日(水)  ・新春企画、中世城館企画
23日(木)  ・新春企画、中世城館企画
 9日(木) ・新春企画、中世城館企画
 24日(金) ・新春企画、中世城館企画
 10日(金) ・新春企画、中世城館月企画
 25日(土)  ・閉館
 11日(土)  ・閉館  26日(日)  ・閉館
 12日(日)  ・閉館  27日(月) ・新春企画、中世城館企画
 13日(月)  ・閉館  28日(火)

・新春企画、中世城館企画

 14日(火) ・新春企画、中世城館企画
 29日(水) ・新春企画、中世城館企画
 15日(水) ・新春企画、中世城館企画
 30日(木) ・新春企画、中世城館企画
     31日(金) ・新春企画、中世城館企画

  

センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期は湖山池ほとりの天神山に守護所が置かれ、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡の因幡国庁跡があります。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク