当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

刊行物等情報

○文化財の地産地消
○令和2年度新刊のご案内
埋蔵文化財センター販売図書情報

 埋蔵文化財センターでは、考古学の普及啓発を目的とした普及図書および調査研究報告書を刊行しています。

普及パンフレット『鳥取県の遺跡シリーズ』

 全国に誇れる県内の遺跡をパンフレットで紹介します。

とっとり文化財紀行

 埋蔵文化財センターでは、県内の文化財を観光資源として掘り起こすことを目的として、考古学や文化財に関する旬の情報をリーフレットペーパーでお知らせしています。

とっとりまいぶん調査研究ニュース

  鳥取県埋蔵文化財センターが実施している調査研究についてニュースペーパーで随時情報をお知らせします。

調査報告書(pdf)<平成25年度以降>

 遺跡の発掘調査は現場調査が終了した後に出土した遺物の整理や保存処理を行い、県内の図書館や全国の調査研究機関に報告書を送り調査成果をお知らせしています。平成25年度以降に刊行した報告書はこちらです。

調査報告書(pdf)<平成24年度まで>

 遺跡の発掘調査は現場調査が終了した後に出土した遺物の整理や保存処理を行い、県内の図書館や全国の調査研究機関に報告書を送り調査成果をお知らせしています

  

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み

イベント・講座等お申込みフォーム

※狗尸那城現地説明会・講演会へのお申込は鳥取市鹿野往来交流館童里夢へお願いします。(詳細は新着情報をご覧ください。)


センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期は湖山池ほとりの天神山に守護所が置かれ、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡の因幡国庁跡があります。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。

埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000