当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

整備効果事例

整備効果事例1:街路宮下十六本松線整備事業(平成21年度完了)

1 整備効果評価

○定量的評価:日当り交通量の変化

供用前 約8,800台/日  →  供用後 約24,500台/日

[1日当り約1万6千台の増]

中心市街地から通過交通が転換

中心市街地の環境が改善

整備効果:宮下十六本松線

○定量的評価:所要時間の短縮

例) 鳥取市吉方(産業道路交差点)  ~  鳥取市南隈(南隈交差点)

当該路線: 供用前 約25分  →  供用後 約15分

[約10分の短縮]

国道53号経由 : 供用前 約22分  →  供用後 約15分

国道29号経由 : 供用前 約23分  →  供用後 約17分

[約6~7分の短縮]

当該路線および周辺路線ともに所要時間短縮

中心市街地の渋滞緩和および交通円滑化

2 整備効果写真

整備効果:宮下十六本松線

整備効果事例2:街路上町松並線(大工町工区)整備事業(平成20年度完了)

1 整備効果評価

○定量的評価:バリアフリー化率の向上

鳥取駅バリアフリー重点整備地区内県管理道路

整備前 77.2%  →  整備後 82.6%

[5.4ポイントの増]

中心市街地のバリアフリー化推進

整備効果:整備効果:上町松並線(大工町工区)

○定性的評価:街路環境の変化

安全で安心に通行できる快適な歩道環境の整備

無電柱化による都市景観の向上

排水性舗装による騒音の低減

沿道に位置する明治時代の商家を「城下町とっとり交流館高砂屋」として整備

都市景観の向上および豊かな都市空間の創出

2 整備効果写真

整備効果:上町松並線(大工町工区)