資料カタログ(弥生時代)

ここには弥生時代に使われたもので、貸出ができるものをのせてあります。
写真をクリックすると、拡大した写真が見ることができます。
拡大した写真からこの画面に戻るときは、ブラウザの「もどる」ボタンをお使いください。

弥生時代(その1)

弥生001 弥生001の画像 弥生時代中ごろ 鳥取市桂見遺跡出土
弥生002 弥生002の画像 煮炊きなどをした器(弥生土器 甕)
弥生時代初めごろ 鳥取市桂見遺跡出土
弥生003 弥生003の画像 煮炊きなどをした器(弥生土器 甕)
弥生時代中ごろ 鳥取市桂見遺跡出土
弥生004 弥生004の画像 食べ物などを保存した器(弥生土器 壺)
弥生時代初めごろ 鳥取市桂見遺跡出土
弥生005 弥生005の画像 食べ物などを保存した器(弥生土器 壺)
弥生時代中ごろ 鳥取市桂見遺跡出土
弥生006 弥生006の画像 食べ物などを保存した器(弥生土器 壺)
弥生時代中ごろ 鳥取市桂見遺跡出土
弥生007 弥生007の画像 煮炊きなどをした器(弥生土器 甕)
弥生時代初めごろ 鳥取市桂見遺跡出土
弥生008 弥生008の画像 煮炊きなどをした器(弥生土器 甕)
弥生時代初めごろ 鳥取市桂見遺跡出土
弥生009 弥生009の画像 食べ物などを保存した器(弥生土器 壺)
弥生時代中ごろ 鳥取市桂見遺跡出土
弥生010 弥生010の画像 食べ物などを保存した器(弥生土器 壺)
弥生時代初めごろ 鳥取市桂見遺跡出土
弥生011 弥生011の画像 煮炊きなどをした器(弥生土器 甕)
弥生時代終わりごろ 会見町天萬土井前遺跡出土
弥生012 弥生012の画像 底の丸い器をのせるための小さな台(弥生土器 器台)
弥生時代終わりごろ 会見町田住桶川遺跡出土
弥生013 弥生013の画像 食べ物などを保存した器(弥生土器 細頸壺)
弥生時代終わりごろ 会見町田住桶川遺跡出土
弥生014 弥生014の画像 赤く塗られた器をのせるための台(弥生土器 器台)
弥生時代中ごろ 青谷町青谷上寺地遺跡出土
弥生015 弥生015の画像 食べ物などを盛るための脚のついた器(弥生土器 高杯)
弥生時代終わりごろ 青谷町青谷上寺地遺跡出土
弥生016 弥生016の画像 食べ物などを保存した器(弥生土器 壺)
弥生時代初めごろ 青谷町青谷上寺地遺跡出土
弥生017 弥生017の画像 水などを入れた器(弥生土器 水差形土器)
弥生時代中ごろ 青谷町青谷上寺地遺跡出土
弥生018 弥生018の画像 赤く塗られた器をのせるための台(弥生土器 器台)
弥生時代終わりごろ 青谷町青谷上寺地遺跡出土
弥生019 弥生019の画像 ,赤く塗られた器をのせるための台(弥生土器 器台)
弥生時代中ごろ 青谷町青谷上寺地遺跡出土
弥生020 弥生020の画像 赤く塗られた口の広い器(弥生土器 甕)
弥生時代終わりごろ 青谷町青谷上寺地遺跡出土

 

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


センター紹介

 久松山地域は戦国時代以降鳥取城が築かれ、鳥取藩32万石の中心地でした。現在でもこの地域は県庁があり、行政の中心地となっています。

 しかし、戦国時代から遡ること約800年前の奈良時代、県庁から4キロほど離れたこの国府町に国史跡因幡国庁(現在の県庁にあたるもの)がありました。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、当時の面影を残す万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里となっています。
 この歴史豊かな万葉の里の一角に埋蔵文化財センターはあります。


埋蔵文化財センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000