当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

古代山陰道の第7回踏査を行いました

 古代山陰道の第7回踏査を青谷東側丘陵で行いました。今回はこれまで確認できた、青谷町養郷の丘陵上にある切通しと気高町会下の「会下坂」をつなぐ中間部分が調査対象です。
 この部分は谷から山へ、そして、また谷へと下るかなりアップダウンのあるコース。踏査の結果、山の斜面から尾根にかけて、道路痕跡の可能性がある切通し状の地形や平坦面が残っていることが確認できました。幅はやはり、8~9mほどとかなり広く、その痕跡はこれまで確認された切通しを含めると、断続的ながら長さ700mに及んでいます。
 今回の踏査によって、東側丘陵を一通り横断しましたが、古代山陰道のルート復元にあたり重要な手掛かりをえることができました。今後もさらに詳細な調査を進めていく予定です。

ルート図

踏査位置図

切り通し

尾根上で確認された幅8mほどある切通し状の平坦面。

平坦面

尾根上に残る切通し状のくぼ地。

道標から見た切り通し

会下坂の頂部にある文政12年(1829年)の道標から西側で確認された切通し状の地形を望む。

  

センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期は湖山池ほとりの天神山に守護所が置かれ、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡の因幡国庁跡があります。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク