メンテナンスのため、9月18日(土)AM3時55分~8時(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

末恒小学校で出前授業を行いました。

 平成30年4月16日(月)に、鳥取市の末恒小学校で6年の「身近にある歴史を見つめよう」の授業を「末恒小鑑定団 いい仕事してますね」と銘打って行いました。
 授業では、学校の周辺で見つかった土器や石器を見たりさわったりして、古代の道具の使い方を考えて、意見を出し合ったり、古い順を予想したりして、学習を進めました。
 子どもたちは、縄文時代から室町時代の道具が今のものと形が違うことや、身近なところに昔の人たちの暮らしの痕跡があることに驚き、授業が終わってからも出土品を手に取っていました。 
 ※末恒小学校の児童の感想

古代の道具を観察しているようす
「これって、何に使っていたんだろう?」

古代の道具を解説しています。 「古い順に並べると、こうなります」
  

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期には湖山池ほとりの天神山に守護所が移り、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡となっている因幡国庁や因幡守護所がありました。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。


埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000