11月11日は介護の日

 高齢化などにより介護が必要な方が増加している一方で、介護に関する課題は多様化しています。こうした中、多くの方に介護を身近なものとしてとらえていただくとともに、それぞれの立場で介護を考え、関わっていただくことが必要となっています。
 介護についての理解と認識を深め、介護従事者、介護サービス利用者及び介護を行っている家族等を支援するとともに、これらの人たちを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障がい者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施するための日として、平成20年に「介護の日」が設定されました。
 「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に、「いい日、いい日」といった覚えやすく、親しみやすい語呂合わせとなっています。
null
  

鳥取県オリジナルゆるスポーツのご紹介

介護のイメージ変革プロジェクト実行委員会は、鳥取県初となる「ゆるスポーツ」を取り入れた介護の魅力発信の取組みを企画し、11月11日(日)に開催した介護フェア2018において鳥取県オリジナルのゆるスポーツ3競技をお披露目しました。

ゆるスポーツとは

世界ゆるスポーツ協会が考案した、子どもからお年寄りまで、スポーツが得意な人も苦手な人も、誰もが「ゆるく」楽しめる新しいジャンルのスポーツです。
世界ゆるスポーツ協会→https://yurusports.com/

オリジナルゆるスポーツ

 ポート・かーにバル

 車いす・つえーシング

 パタボン

     

鳥取の味覚、松葉ガニになりきって横歩きで移動し、ポートボールのようにパスをしながらボールをゴールまで運ぶスポーツです。鳥取をPRできるゆるスポーツとして考えました。

車椅子とフェンシングを合わせてパロディー化したスポーツです。杖を用いて相手の風船を割りましょう。「介護者のストレス解消」をテーマに、遊びやスポーツ感覚で楽しみながら介護用品に触れていただきたいという思いから考えました。

お盆に風船を乗せて、相手の陣地に落とします。両側からうちわで風船を吹き飛ばし、運ぶ人を上手にジャマしましょう。高齢者の介護予防につながるゆるスポーツとして考えました。


とっとり介護フェア2018の開催

11月11日(日)にあやめ池スポーツセンター(湯梨浜町)において、お子様からお年寄りまでみんなで楽しめる介護フェアを開催しました。

とっとり介護フェア2018開催結果

○開催日時:11月11日(日)午前10時から午後4時まで
○場所:あやめ池スポーツセンター(東伯郡湯梨浜町藤津650)
○参加者数:450名 ≪ご来場ありがとうございました≫
チラシ(PDF;3367KB)

 

ゆるスポーツ開発ワークショップ開催レポート

第3回レポート(PDF,144KB)
第2回レポート(PDF,213KB)

第1回レポート(PDF,222KB)

⇒ リクルートキャリア様に本取組をご紹介いただきました!
  https://helpmanjapan.com/article/7996

 

ゆるスポーツ開発ワークショップの開催について【終了しました】

<開催スケジュール>
(1回目)平成30年9月18日(火)18時30分~20時30分 @とりぎん文化会館 第7・8会議室
(2回目)平成30年10月6日(土)10時00分~16時00分 @鳥取県立図書館 小研修室
(3回目)平成30年10月29日(月)18時30分~20時30分 @鳥取県庁 講堂
案内チラシ(裏面参加申込書)(PDF, 865KB)

  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局長寿社会課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71740857-26-7176    
    ファクシミリ  0857-26-8168
    E-mail  choujyushakai@pref.tottori.lg.jp