展示・イベント等

ミニシンポジウム『戦国狗尸那(くしな)城を探る』の質問への回答(その2)

 令和4年2月27日(日)に開催したミニシンポジウム『戦国狗尸那(くしな)城を探る』への質問回答の第2弾です。最後は、講演いただいた中井先生への、城の性格についての質問です。

(質問3)城の性格について

 中井先生に質問です。中井先生は御著書の中で、関ヶ原の戦い(1600年)以降、移封された大名が新たな居城を築くだけでなく、支城を築いた例を明らかにされています。関ヶ原以後も、亀井氏は西の毛利・吉川への警戒感が強かったと思われ、亀井統治時代の狗尸那城も、直線距離で約2.4km離れた本城の鹿野城(しかのじょう)に対する支城であったという考えができるのではないかと思いますが、いかがでしょうか?
(中井先生からの回答)
 関ケ原の戦い後の本支城体制ですが、基本的には国持大名に限られるようです。鳥取では伯耆の中村一氏が米子城を本城とし、尾高城、八橋城、江美城を支城としたようです。さらにこうした支城はすべて石垣造りとなり、狗尸那城の構造は関ケ原後のものとは考えられません。したがいまして鹿野城の支城とは考えられないと思います。

 2回に分けてお届けしました質問と回答ですが、いかがだったでしょうか。本シンポジウムを通して、ますます狗尸那城の重要性が明らかになったと思います。狗尸那城の発掘調査に関する詳しい内容は、今月末に刊行する発掘調査報告書に書かれています。専門的な内容ですが、興味のある方は、どうぞご覧ください。

 報告書が刊行できましたら、別途ホームページでお知らせします。

photokusina

狗尸那城上空より日本海側を望む(左下隅が狗尸那城)

photosikano

鹿野城


ミニシンポジウム『戦国狗尸那(くしな)城を探る』の質問への回答(その1)

 令和4年2月27日(日)に開催したミニシンポジウム『戦国狗尸那(くしな)城を探る』では、シンポジウム終了後にメールで質問を受け付けた所、多くの方からご質問やご意見をいただきました。その内の幾つかの質問に対して2回に分けてお答えします。  1回目は、城の構造と、城の年代についてのご質問にお答えします。

(質問1)城の構造について

 (1)発表の中でお話のあった山麓の居館について、「古仏谷(こぶつだに)から登った所にあったのでは?」とお聞きしましたが、どうでしょうか?また調査予定はありますか?

 (2)狗尸那城の縄張りから見て、西側が大手方向(正面)で、現在の林道から取り付く進入路は搦手(からめて)方向(裏側)だと思いますが、どうでしょうか?

(回答)

 (1)狗尸那城跡の北麓に位置する「古仏谷」にはかつて水田や畑として利用された階段状の地形があり、そのうちのどこかが居館となっていた可能性を考えることができます。中には広い平坦面もあるようですが、現地は原野となっており、確認ができていません。今後の調査については未定です。

 (2)城跡の西側から北側にかけて、山腹に竪堀や曲輪(くるわ)が集中していることから、敵を迎え撃つ方向が意識され、いわゆる大手(正面)と考えられます。
また、ご指摘の林道から取りつく進入路は、狗尸那城跡の背後に設けられた堀切から後ろに伸びる尾根筋の道にあたります。背後からの通路となるので、いわゆる搦手にあたると考えています。

(質問2)城の年代について

 (1)縄張りから相対的な年代観を位置付けることがどの程度可能なのでしょうか?できるとすれば、狗尸那城の年代はいつ頃と考えられますか?
 (2)出土した土師質(はじしつ)土器は、天神山城(てんじんやまじょう)(鳥取市)出土の土師質土器と比較すると、差異があるようで、時期差を見い出すことは可能でしょうか?
※土師質土器とは、釉薬(うわぐすり)をかけない素焼きの土器のことです。

(回答)

 (1)残念ながら、縄張りから相対的な年代を位置付けることは、難しいです。竪堀(たてぼり)を何本も並べた畝状空堀群(うねじょうからぼりぐん)や、山腹を横切るように設ける横堀といった特徴的な防御施設と城跡の廃絶年代の記録を組み合わせることによって、ある程度年代を考えることができるかもしれませんが、まだ見通しを得ていません。
狗尸那城跡は、山腹に設けられた竪堀を伴う大きな横堀が特徴です。鳥取県中部の河口城(かわぐちじょう)(湯梨浜町)は、主郭背後の堀切を山腹にそってぐるりと回すもので、同じような構造を持つ山城と位置付けられるかもしれませんが、はっきりとわからないのが実態です。河口城は天正9年(1581)に織田方の松井水軍に攻略された「泊城」といわれています。今後、縄張りから狗尸那城跡の年代を考える手掛かりになるかもしれません。
 (2)ご指摘のとおり、天神山城跡出土の土師質土器皿と、狗尸那城跡出土の土師質土器皿には形態的にも手法的にも違いがあります。天神山城跡から出土した土師質土器皿は、ほとんどが手づくね成形によって作られたいわゆる「京都系土師器皿」と呼ばれるもので、先行研究から16世紀代のものと考えられます。一方の狗尸那城跡出土の土師質土器皿は回転台を使って作ったもので、形や成形手法が異なっています。
狗尸那城跡から出土した陶磁器類のほとんどが、15世紀後半から16世紀前半のものなので、天神山城跡出土の土師質土器皿より古いと考えられ、現在はこの差を時期差ととらえています。

狗尸城跡の曲輪(くるわ)や堀などを地形図上に示した図です。縄張り図といいます。

狗尸那城縄張図

河口城後の曲輪(くるわ)や堀などを地形図上に表した図です。縄張り図と言います。これは、『新鳥取県史(資料編)考古3』という2018年に出版されている本に掲載されている図を転載したものです。

河口城縄張図
(『新鳥取県史(資料編)考古3』(2018)より転載)

狗尸城跡と天神山城跡で出土した小型の皿の写真です。左側は狗尸城跡で出土した皿で、上半部が大きく欠けています。右側は天神山城跡で出土した皿で、ほぼ完全な形に復元しています。口径はほぼ同じで、いずれも薄い橙色をしています。

土師質土器(左:狗尸那城出土 右:天神山城出土)


「本高・古海古墳群ウオーク」を開催します。

 3月21日(月・祝)に、「本高・古海古墳群ウオーク」を開催します。今回は、山陰最古級の前方後円墳である本高14号墳と周辺の古墳を見学します。
 鳥取市本高14号墳は、山陰地方最古級の前方後円墳(全長63m)で、平成21(2009)年に鳥取西道路の建設に伴い発見され、道路工法をトンネルに変更して保存されました。古墳はこれまで一般には公開されておらず、誇るべき地域の宝でありながらその存在がほとんど知られていない状態となっています。
 今回のウオークでは、実際に本高14号墳の頂上まで上がり、古墳からの眺望、細長い前方部の様子などを実感していただき、古墳時代の鳥取に思いを馳せていただければと思います。
 時間は午前10時~12時、鳥取市東郷体育館を発着します。歩く距離は約4kmです。定員は15名で、事前申込みが必要です。申込みは電話、ファクシミリ、電子メール、ホームページのイベント等申込みフォームで受け付けます。受付は3月17日(木)午後5時までとしますが、それより前でも定員となり次第締め切ります。
詳細はチラシ (pdf:378KB)を御覧ください。

本高14号墳後円部頂上から見た、枯草に覆われた細長い前方部と、その向こうに広がる鳥取平野です。平野には水田や建物があります。はるか遠くには扇ノ山の山並みも見えます。

古墳から見た、鳥取平野の眺め


ミニシンポジウム『戦国狗尸那(くしな)城を探る』を開催しました

 令和4年2月27日(日)の午後、ミニシンポジウム『戦国狗尸那(くしな)城を探る』を開催しました。当センターでは初めてのオンラインのみによる開催で、事前のリハーサルでトラブルがあったこともあり、心配に事欠かない中での開催でした。
 実際に開催すると大きなトラブルはなく、約40名の方に視聴していただきました。当センター職員による狗尸那城の発掘調査成果の発表、滋賀県立大学名誉教授の中井均先生による、最新の全国の山城研究についての御講演、そして2人によるトークセッションと、内容は盛りだくさんでした。特に最後のトークセッションでは、狗尸那城の成果について、中井先生から、「日本の城郭史を問い直す成果」というコメントをいただき、嬉しさと共に、調査者として大変身が引き締まる思いがしました。
 今回は、コロナ禍のため、オンラインのみのミニシンポジウムとなり、会場での御参加を御希望されていた方々には大変申し訳ありませんでした。今春には専門的な調査報告書を刊行し、それを基に、より多くの一般の方にも分かりやすい情報発信をしていこうと考えています。

 今後とも当センターの「中世城館再調査事業」にご期待下さい。

講師がパソコンの画面に向かって講演している様子です。関連機器や参考資料も写っています。

写真1 画面に向かって講演中

トークセッションの時の画面です。中央に大きく資料が映し出されており、講師等の2名はその上に小さく映し出されています。

写真2 トークセッション中の画面


企画展示 「因幡の古墳」始まりました!

 令和3年度を締めくくる、企画展示「因幡の古墳 -方墳から前方後円墳へ-」が始まりました。今回の展示は、山陰最古級の前方後円墳「本高14号墳」が築造される前期前半の鳥取平野の古墳とその出土資料を紹介しています。
 古墳時代前期前半期の山陰では、弥生時代の四隅突出型墳丘墓の系譜を引く方墳が築かれており、地域の伝統的な葬制を引き継いでいました。一方、中国鏡や鉄製品など副葬品の種類・数量は飛躍的に増えており、すでに近畿地方を中心に造られていた前方後円墳に関する情報も入ってきていたと考えられます。
 こうした古墳時代開始期の鳥取平野の状況を改めて確認したうえで、前方後円墳である本高14号墳が登場する意義を探ります。
会期は、3月31日(木)までです。開館時間は平日午前9時から午後5時までですが、3月4日、19日(土)は午後特別開館(午後1時から5時)、その前日金曜日(3日、18日)は午後7時まで開館延長していますので、どうぞ御利用ください。

photo040228

photo040228-2


ミニシンポジウム「戦国狗尸那(くしな)城を探る」を開催します!

 令和4(2022)年2月27日 午後1時からミニシンポジウム「戦国狗尸那城を探る」を開催します。狗尸那城は、鳥取市鹿野町にそびえる鷲峰山の中腹にあり、横堀(よこぼり)や竪堀(たてぼり)、切岸(きりぎし)といった巧妙な防御施設を巧みに配置し、県内の山城で初めてみつかった大型の礎石建物を、山頂の主郭に備えています。立派な城跡でありながら文書史料では城名は現れない、謎の一面も持ちあわせています。
 今回のシンポジウムでは令和2、3年度に実施した狗尸城跡の発掘調査成果についての報告と、中世城館研究の第一人者である中井均先生(滋賀県立大学名誉教授)に、全国的な視点から発掘調査で見えてきた中世山城の実像について講演をいただきます。
 さらに、トークセッションで狗尸那城とはいつ、だれが何のために築いた山城だったのか、中井先生と対談し、深めていきます。
 今回は新型コロナウイルス感染症拡大に伴って、オンライン(Cisco Webex Event)で聴講いただくシンポジウムとなります。
 ぜひご参加ください。

申込に関するお知らせはこちらをクリックしてください↓

ミニシンポジウム 「戦国狗尸那(くしな)城を探る」開催お知らせ

photo040218

狗尸那城跡の主郭でみつかった大型礎石建物跡


ミニシンポジウム『戦国狗尸那(くしな)城を探る』開催のお知らせ

 当センターでは、「中世城館再調査事業」の一環として、令和2年度から狗尸那(くしな)城跡(鹿野町)の発掘調査を行ってきましたが、令和4年2月27日(日)午後1時よりミニシンポジウム『戦国狗尸那城を探る』を開催いたします。
 狗尸那城は、立地や文献などからみて、西因幡の重要な山城だと思われますが、これまであまり取り上げられておらず、謎の多い城です。この2年間の発掘調査成果の発表と、中世城館研究の第一人者である中井均氏(滋賀県立大学名誉教授)の講演、さらにトークセッションを行い、狗尸那城の謎に迫ります。
 コロナ禍のため、本シンポジウムは定員100名でオンライン方式のみ(Cisco Webex Events)の開催となります。詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。参加申し込みは令和4年2月20日(日)までとなっておりますので、お早めにお申し込みください。

ミニシンポジウム(pdf:559KB)


因幡の中世城館 展示品「戦国時代の喫茶」を紹介します!

 現在開催中の企画展「因幡の中世城館」の展示品の紹介です。
 喫茶文化を感じさせる出土品として、「茶臼(ちゃうす)」を紹介します。 
 喫茶が普及するようになったのは12世紀末以降、禅院から武士階級へと広がったとされています。15世紀に入ると茶の味や香りによって産地を判別する、「闘茶(とうちゃ)」が行われるなど、茶は生活の中に浸透していきました。
 「茶臼」は合わさる面に臼目が刻まれた上臼、下臼を芯木で接続し、上臼の上部に作られた穴に茶葉を入れ、上臼の横につけた挽き木を回して上臼を回転させることで茶葉が上下の臼目に挽かれ、粉末の「茶」となって下臼の受け皿にたまっていきます。
 天神山城跡の出土品は、下臼の一部で、芯木を差し込んだ穴があり、臼目が刻まれていることがわかります。出土品の中にはお茶を飲んだと思われる天目茶碗(てんもくちゃわん)も出土しており、戦国時代の因幡守護屋敷では、上級の武士にふさわしく喫茶の習慣があったことがわかります。

photoR40125

喫茶文化を感じさせる出土品「茶臼(ちゃうす)」


企画展示「因幡の中世城館」オープン

 あけましておめでとうございます。

 本日より、企画展示「因幡の中世城館」を開催します。

 今回の展示では令和3年度に埋蔵文化財センターで実施した狗尸城跡(鳥取市鹿野町)の発掘調査成果と、昭和42年度、昭和63年度に発掘調査を行った天神山城跡(鳥取市布勢)の調査資料の一部を紹介しています。

 天神山城跡の資料は、京都系土師器皿を中心に展示しています。戦国時代、地方武士は、京都で行われていた武家のならわしを取り入れ、大量の土師器皿を使った儀式や宴会を行い、その時に使った土師器皿は大量に捨てられていました。天神山城跡は因幡守護山名氏が居住した守護所で、京都で作られていた手づくね技法による皿を模倣した京都系土師器皿がたくさん出土しています。文書史料や日記などの記録から、地方でも武士は儀式や宴会を年に何十回も開催しており、その多くは正月が中心と言われています。天神山城跡の京都系土師器皿も、かつての正月行事に使われたものかもしれません。

 狗尸那城跡では、曲輪と曲輪の間に設けられた切岸(人工的に削った急な崖)部分を新たに調査し、改修された痕跡や、礎石建物跡と同時期に整備されたと考えられる石積みを確認したところです。斜面に積まれた石積みは、崖の崩落防止のほか、石による整備によって城を見せるような効果を狙った可能性がうかがえ始めました。

 埋蔵文化財センターにお越しいただき、ぜひ展示をご覧ください。

展示室の入口の写真。


冬休みスペシャルイベント開催しました!!

 大雪警報のため、予定していた令和3年12月25日(土)、26日(日)の開催は25日(土)のみの開催となってしまいましたが、冬休みスペシャルイベントを開催しました。

 今回の体験メニューは、「ミニチュア山城をつくろう!」と「めざせ忍者マスター!手裏剣投げ体験」でした。
 「ミニチュア山城をつくろう!」では、近年、全国的にも注目されているクシナ城跡(鳥取市鹿野町)と国史跡若桜鬼ヶ城跡の2500分の1スケールのミニジオラマを作りました。このミニジオラマ、体験用のおもちゃのように思われるかもしれませんが、実は航空レーザー測量という方法で得られた地形データをもとに3Dプリンターでモデル型を作った精巧なものです。このミニジオラマ作りは、先ほど説明した新しい技術を体験メニューにも応用した当埋蔵文化財センターならではのものです。
 体験されたみなさんからは、「ミニジオラマ作りを通して、山城の構造が体感できた。」、「行ったことのあるお城のジオラマを作ったのでよりお城のことが分かった。」、「ミニジオラマ作りと歴史解説が一緒でよく分かった。」などの感想がありました。
 また、手裏剣投げ体験も大変好評でした。最初は上手くできなかった参加者も職員にコツを伝授してもらうと見事命中。命中した方はセンターオリジナル記念品がゲットし、参加者の皆様が体験後、笑顔で帰って行かれました。
 当埋蔵文化財センターでは夏休み、冬休み、春休みにこのような楽しい古代体験を実施しています。次は春休みイベントを予定していますので楽しみにしていてください。ホームページチェックもお忘れなく!!

photo1227-1

ミニチュア山城作りに熱中!

photo1227-2

見事完成!!

photo1227-3

手裏剣見事命中!!

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み

まいぶん講座お申込みフォーム

※まいぶん講座のみお申込みいただけます。

刊行物お申込み関係


センター紹介

 久松山地域は戦国時代以降鳥取城が築かれ、鳥取藩32万石の中心地でした。現在でもこの地域は県庁があり、行政の中心地となっています。

 しかし、戦国時代から遡ること約800年前の奈良時代、県庁から4キロほど離れたこの国府町に国史跡因幡国庁(現在の県庁にあたるもの)がありました。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、当時の面影を残す万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里となっています。
 この歴史豊かな万葉の里の一角に埋蔵文化財センターはあります。


埋蔵文化財センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000