メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

編組(へんそ)製品の復元

編組(へんそ)製品の復元

 鳥取西道路の発掘調査では多くの編組(へんそ)製品と呼ばれる木製品が出土しています。木をヒゴ状にしたり、薄く剥いだものを使って編みあげる製品です。今回はその復元を目指して、バスケタリー作家である本間一恵さんに調査指導をお願いしました。総数17点の編組製品を部屋に並べるのは骨が折れましたが、さすがに壮観でした(写真1)。

 鳥取県では青谷上寺地遺跡からも弥生時代の編組製品が数多く出土しており、本間さんには復元品を作成していただいています。今回は、縄文時代の編みカゴ(写真2)や弥生時代前期の手箕(てみ)(写真3)などを復元する予定にしています。

   今すぐ復元というわけにはいきませんが、今後は、その復元過程について、材料の入手なども含めて随時フェイスブックやホームページでお知らせしますので、ご期待下さい。

 なお、令和2年度には「やまびこ館」との連携事業で編組製品の展示を検討中ですので、こちらも併せてご期待下さい。

 

(写真1)

 

(写真2)

(写真3)

(写真4)

 

  

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期には湖山池ほとりの天神山に守護所が移り、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡となっている因幡国庁や因幡守護所がありました。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。


埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000