メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。
埋蔵文化財センターのホームページ

皆さまへのお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、感染症防止対策を徹底した上で展示等のみ開館しています。
●ご来館の皆さまへのお願い●

(1)軽度でも発熱やせきのある方は来館をご遠慮ください。
(2)マスクの着用をお願いします。
(3)入口に設置している消毒剤で手指の消毒をしてください。
(4)他のお客様と2m以上の間隔を保ってください。
(5)混雑具合によっては入館制限を行います。
  

現在開催中の展示等情報

  

新着情報

2019年10月29日
履物からみた古代人と現代人

現在、青谷横木遺跡の木製品整理を行っていますが、奈良・平安時代のものが中心となります。

その中で多いものの1つが下駄です。

状態の良いものは足の裏の形までしっかりと残っています。写真の下駄は、ほぼ完全な形(1枚目)のもので、鼻緒の位置から左足のものと考えられます。裏側をみると前後二つある歯が両方ともすり減っています(2枚目)。しかも後ろからみると、足の内側部分が大きくすり減っていることが分かります(3枚目)。

ちなみに、現代人である私の左の靴を後ろからみると、外側がすり減っています(4枚目)。しかも前側はあまりすり減っていません。

下駄は着地の際、踵からではなく、全体に体重がかかりやすい履物のため、前後両方の歯が磨滅していくようです。また、私はガニ股なので外側が磨滅していますが、この下駄を履いていた古代人は内股だったようです。女性でしょうか?このように足の大きさや歯の磨滅の具合などから、実際に下駄を履いていた古代人を想像するのも楽しいものです。

さて、あなたの靴はどうなっていますか?

左足用の古代の下駄 左足用の古代の下駄を裏から見たところ

下駄の歯のすり減り方(内側がすり減っています) わたしの靴のすり減り方(左足)

 

9月のイベントカレンダー

 年間イベントカレンダー →ここにクリックしてください (pdf:671KB)
1日(水)

・企画展

・常設展

16日(木)

・企画展・常設展

2日(木)

・企画展

・常設展

17日(金)

[開館延長午後7時まで]

・企画展・常設展

・鳥取の遺跡展〈中部〉

(倉吉パープルタウン)

3日(金)

[開館延長午後7時まで]

・企画展

・常設展

18日(土)

[午後開館]

・企画展・常設展

・第3回まいぶん講座

・鳥取の遺跡展〈中部〉

(倉吉パープルタウン)

4日(土)

[午後開館]

・企画展

・常設展

19日(日)

 [閉館]

・鳥取の遺跡展〈中部〉

(倉吉パープルタウン)

5日(日)  [閉館] 20日(月)

 [閉館]

・鳥取の遺跡展〈中部〉

(倉吉パープルタウン)

6日(月)

・常設展

21日(火)

・企画展・常設展

7日(火)

・常設展

22日(水)

・企画展・常設展 

8日(水)

・企画展・常設展

23日(木)  [閉館]
9日(木)

・企画展・常設展

24日(金)

・企画展・常設展

10日(金)

・企画展・常設展

25日(土)

 [閉館]

・古代まつりin中部

(中止)

11日(土)

 [閉館]

26日(日)  [閉館]
12日(日)

 [閉館]

27日(月)

・企画展・常設展

13日(月)

・企画展・常設展 

28日(火)

・企画展・常設展 

14日(火) ・企画展・常設展
29日(水)

・企画展・常設展 

15日(水) ・企画展・常設展  30日(木)

・企画展・常設展


 

※「クシナ城ジオラマ」は常設展で現在展示中です。

  

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期には湖山池ほとりの天神山に守護所が移り、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡となっている因幡国庁や因幡守護所がありました。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。


埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000