埋蔵文化財センターのホームページ

調査研究(古代山陰道)

「FM鳥取レディオバード」に電話出演しました!

  FMとっとりから依頼いただき、10月9日(金)午後1時15分から「FMとっとりレディオバード」に電話出演しました。番組内では、パーソナリティーの山下弥生さんとロジャーさんと「古代山陰道は幅9mもあるのですか。」「山の中を歩いて古代山陰道を見つけるなんて宝探しみたいで、ロマンがありますね。」などと楽しくおしゃべりしながら、現在行っている古代山陰道の発掘調査や10月17日(土)に開催する第2回古代山陰道現地説明会についてPRしました。
 11日(日)12時30分頃から再放送されますので、お聞き逃しの方は、ぜひ、お聞きください。

 第2回古代山陰道現地説明会もまだまだ受け付けておりますので、奮ってお申し込みください。

FMとっとりレディオバード82.5fm⇒http://www.radiobird.net/

全国初!!つづら折りなどの古代山陰道をYouTubeにupしました。

YouTubeはこちらから

  ↓

養郷宮之脇遺跡
養郷狐谷遺跡


第2回古代山陰道発掘調査現地説明会を開催します!

大好評につき古代山陰道発掘調査現地説明会の第2弾です。1回目と同じ内容ですが、今回は、県内外を問わずご参加いただけます。1回目に参加できなかった方もぜひお見逃しなく!申し込み方法等の詳細はチラシをご覧ください。

     

チラシはこちら⇒第2回古代山陰道現地説明会チラシ(788KB)


古代山陰道の現地説明会を開催しました!

 9月27日(日)に古代山陰道現地説明会を開催しました。当日は心配していた天候も次第に回復し、地元の青谷町の方をはじめ89名もの方に参加いただきました。コロナウイルス感染拡大防止のため、解説時間を10回に分けて行い、国内初の発見となったつづら折りの道路遺構を少人数でじっくりご覧いただきました。

 参加いただいた方からは「古代山陰道がどのように険しい山を乗り越えたかが分かった。」「つづら折りの道路を馬に乗り往来していたのを想像し、古代の人々の苦労が垣間見えた。」「さらに東側の旧気高町域や青谷西側のルートもぜひ調査してほしい。」などの感想や要望をいただきました。

 今年度の発掘調査は間もなく終了しますが、今後も調査成果の取りまとめを行うなどして、遺跡の価値を引き続き皆様にお伝えしていきたいと思います。

古道に沿って残る古代道路の痕跡部分で道路側溝が見つかった様子をご覧いただきました。

現地形に残るつづら折りの古道を歩いて、気分はもう古代人?

絵巻物に描かれたつづら折りの道をパネルで紹介しながら、古代道路を想像していただきました。

当日の現地説明会資料はこちら⇒現地説明会資料


古代山陰道現地説明会募集は受付を終了しました。

   募集は終了しました。

古代山陰道現地説明会を9月27日(日)に開催(県内の方対象)

 県内在住の方を対象とした古代山陰道の発掘調査現地説明会を927日(日)に開催します。

 今回のみどころは、何といっても青谷東側丘陵の急斜面地で見つかった、つづら折りの道路遺構です。

 この道路遺構は昨年度の発掘調査で見つかった丘陵頂部の道路遺構と平野部の道路遺構(青谷横木遺跡)を結ぶルート上にある古道に沿って見つかったもので、側溝間の幅は9mもあります。また、傾斜度は30度を超えています。

 古代官道は基本的に直線で造られたとされてましたが、急傾斜の山越えルートで、つづら折りが確認できたことは全国的にも貴重な発見です。

 ぜひ、古代の使者になったつもりで皆さんの脚でお確かめください。