当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

動物の愛護と管理

 動物の愛護と管理に関する情報を掲載しています。   

 

【ペットの飼養者向け】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)にご注意ください。

 

令和2年6月8日、県内で初めて人の 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)症例が確認されました。

詳細は以下のページをご確認ください。

■健康政策課のホームページ (ヒトについての注意事項) 
 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、動物由来感染症の一種です。今般、発熱・衰弱・血小板減少等の所見が見られた飼育猫、飼育犬の血液・糞便からウイルスが検出され、さらに体調不良の猫に咬まれたことがある人が、SFTSを発症し死亡した事例が確認されました。
 これらは極めて稀な事例で、室内で飼育している動物やダニの駆除をしっかりしている動物は感染している可能性は低く安心ですが、口移しで餌をあたえる、一緒の布団で就寝するなどの濃厚接触は避け、接触した後は手洗いをしてください。また、飼育している動物にマダニが寄生していないか確認し、寄生していた場合は無理に取らずに動物病院で診察を受けて駆除してください。
 なお、体調不良の動物を扱う際も手袋を使用したり、咬まれないよう細心の注意をもって取り扱い、速やかに動物病院で診察をしてもらいましょう。 
 SFTSの詳細については、以下のリンク先でご確認ください。 


■厚生労働省のホームページ

  重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html

 
 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

災害時に備えてください!

この他にも一般県民向けの配付資料を作成しています。こちらをご覧ください。
各事務所等でも配付していますので、配付に御協力いただける方は各事務所にご連絡ください。ペット災害対策リーフレット

成犬・成猫の譲渡のススメ

 siro2 初めて犬・猫を飼おうとお考えの皆様。まず、こちらをご一読いただき、「成犬・成猫」という選択肢もご検討ください。

  成犬・成猫のススメ
 
 下の方に、保護犬「シロ」をアミティエから譲り受けられた方のお話も掲載しております。ぜひご覧ください。
  

リンク

お問合せ先

※平成30年4月1日から、鳥取県東部圏域の動物の愛護及び管理に関する業務は鳥取市保健所生活安全課が実施します。鳥取県東部圏域(鳥取市、岩美町、若桜町、智頭町、八頭町)での犬や猫についての御相談や、動物取扱業の事業所が東部圏域にある場合のお問い合わせについては、鳥取市保健所生活安全課までお願いします。

 鳥取市保健所生活安全課ホームページ: 

※野生動物は緑豊かな自然課の担当となります。

区分

連絡先

東部地区

鳥取市保健所 鳥取市富安二丁目138‐4
【電話】0857-30-8551【ファクシミリ】0857-20-3962

中部地区

中部総合事務所生活環境局 倉吉市東巌城町2
【電話】0858-23-3149【ファクシミリ】0858-23-3266

西部地区

西部総合事務所生活環境局 米子市糀町1丁目160
 【電話】0859-31-9320【ファクシミリ】0859-31-9333

県庁

くらしの安心推進課くらしの安全担当 鳥取市東町1丁目220
【電話】0857-26-7877【ファクシミリ】0857-26-8171

動物愛護
センター
 公益財団法人動物臨床医学研究所 人と動物の未来センター“アミティエ”
【電話】0858-26-0851【ファクシミリ】0858-26-2158
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000