地域猫活動モデル事業

所有者のいない猫、いわゆる「のら猫」の糞尿やごみを荒らされるといった被害による苦情が、保健所へ多く寄せられております。このようなトラブルの根本的な解決を図るため、県ではこのたび鳥取県動物の愛護及び管理に関する条例を一部改正し、条例に基づき、「地域猫活動」を市町村とともに支援しています。

「地域猫活動」とは、地域住民とボランティアと行政が協働して、地域でのら猫を適正に管理し、そこに住む人たちの暮らしをよくする活動です。

★地域猫・地域猫活動とは?

地域猫活動モデル事業

  平成30年度から新たに地域猫活動モデル事業を創設しました。これは県と市町村が連携して、地域猫活動を支援するモデル事業です。活動グループは事前に活動地域の市町村へご相談ください。

 
事業概要:
(1)地域猫活動(所有者のいない猫に不妊去勢手術を施し、その後も地域で管理する取組)
   への助成を行う市町村に対する支援を行う。
   手術費・広報費 補助率:10/10
   ※県補助金上限 メス1頭22,500円、オス15,000円
(2)地域猫のエサ代等の管理費の助成を行う。(県補助金上限10,000円/頭)
(3)地域猫活動に知見のある専門家による助言を行う

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000