当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
メンテナンスのため、9月27日(日) 8時45分~14時10分(予定)の間、閲覧できない状態が数回発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

高次脳機能障がい者への支援

高次脳機能障がいとは??

 高次脳機能障がいは、交通事故などの頭部外傷や、脳血管障害などによる脳の損傷により、言語、思考、記憶、注意などの様々な機能に障がいが生じ、日常生活に支障が生じている状態をいいます。

 外見から分かりにくく、誤解を受けやすいため、人間関係のトラブルを繰り返すことも多く、社会復帰が困難な状況に置かれているという特徴があり、身体に障がいがないか、軽度であったり、精神障がいとしても認められないことが多いため、「制度の狭間」の障がいといわれています。
(本県では精神保健福祉手帳の認定を実施しています。)

主な症状

  • 新しいことが覚えられない。少し前の出来事を思い出せない、すぐに忘れる
  • スケジュールや計画の手順が立てられない
  • 感情や欲求のコントロールができない
  • 気が散りやすい、同じミスを繰り返す
  • トラブル時の対応ができずに混乱する
  • 同時に二つ以上のことに気配りができない
  • 話せない、読めない、かけない
  • 声かけをしないと動けない  など

高次脳機能障がい支援普及事業

 この事業では、高次脳機能障がいのあるかたの支援体制を整備するため、下記のような内容を実施しています。

  1. 高次脳機能障がい者支援支援の中心となる支援拠点機関を設置
  2. 支援体制整備に必要な調査等の実施
  3. 人材育成の強化
  4. 相談支援の充実

高次脳機能障がい者支援拠点機関の設置

 本県では、医療法人十次会野島病院のご協力により、当院に支援拠点機関を設置し、相談支援コーディネーター1名を配置し、医療と福祉の連携のための調整、事業所等の実態把握、困難事例へのフォロー等を行っています。

連絡先

 〒682-0863
 倉吉市瀬崎町2714-1
 野島病院高次脳機能センター
 電話:0858-27-0205

 

  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71540857-26-7154    
    ファクシミリ  0857-26-8136
    E-mail  shougaifukushi@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000