身体障害者補助犬

身体障害者補助犬について知ってください

 身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)は、身体に障がいのある方の社会参加に欠かせません。補助犬のことをもっと知って、補助犬ユーザー(使用者)と補助犬を社会の仲間として受け入れてください。

「身体障害者補助犬」について
「補助犬同伴受入れ」についてご理解ください
補助犬についてのよくある質問
相談窓口 鳥取県福祉保健部障がい福祉課
電話 0857-26-7201
ファックス 0857-26-8136
関連リンク

海外から来日される補助犬使用者への対応について

日本では、身体障害者補助犬とは「身体障害者補助犬法」に基づき認定された、「盲導犬」「介助犬」「聴導犬」のことをいいます。
海外から補助犬を伴って来日される補助犬使用者の皆様は、この法律の対象とはなりませんが、海外の連合会所属の訓練事業者による訓練が行われていて、日本の基準と同等と認められた場合には、日本に滞在する間、できるだけ安心して過ごしていただけるよう、日本における補助犬の認定団体により「期間限定証明書」が発行されます。
身体障がい者の自立と社会参加の観点から、証明書のある使用者につきましては、日本の補助犬と同様に、施設等への同伴を拒まない等、ご理解及びご協力をお願いします。

○海外から来日される補助犬使用者への対応について(PDF:1.07MB
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71540857-26-7154    
    ファクシミリ  0857-26-8136
    E-mail  shougaifukushi@pref.tottori.lg.jp