当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

A.いちばん大切なことは、愛情を持って最後まで面倒を見ることでしょう。他人に迷惑をかけないようにしつけをし、責任を持って飼うことが必要です。
次に、法律や条例で義務付けられていることは以下のようなものがあります。
  • 生後91日以上の犬は登録をすること。(交付される鑑札を首輪等に着けてください。)
  •  毎年1回狂犬病の予防注射を受けること。(交付される狂犬病予防注射済票を首輪等に着けてください。)
  •  つないだり、オリの中で飼うこと。

 登録及び狂犬病予防注射済票の交付はお住まいの市町村で行います。引っ越したり犬を譲ったり、犬が死んでしまったときには登録された市町村に届出が必要になります。また、狂犬病の予防注射は毎年春に行われている集合注射か、最寄りの動物病院で受けてください。
 また、不幸にして飼い犬が人をかんだときには、生活環境局に届出が必要になりますのでご相談ください。