当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

風しんの予防について

  風しんで特に注意しなければいけないことは、風しんの免疫のない妊婦が妊娠初期に風疹ウイルス感染すると、お腹の中の赤ちゃんに先天性風しん症候群という障がいを起こすことがあることです。
  風しんはワクチンで予防できる疾患ですので、妊娠を希望する女性は、妊娠前に風しん抗体価検査を受けて、自分が風しんに対して免疫があるかどうか知っておくことが大切です。

*検査の結果、抗体価が低かった場合、ワクチン接種をご検討ください。ワクチン接種は 医療機関で受けることになります。

*ワクチン接種費用の助成もあります。対象者の条件や手続きの流れ等については、お住まいの市町村へご確認ください。
 

医療機関での風しん抗体価検査について

 
1.西部管内の検査を受けることができる医療機関(要事前連絡)
  委託医療機関一覧(令和2年4月1日時点)(PDF形式 174KB)
2.検査料 無料 *「3.無料対象者」以外の方は有料
3.無料対象者 <平成31年4月1日以降>
 (1)妊娠を希望する女性
 (2)妊娠を希望する女性の配偶者などの同居者
 (3)風しんの抗体価が低い妊婦の配偶者などの同居者
 (4)昭和54年4月2日から昭和62年10月1日までの間に生まれた男性
 (5)昭和37年4月1日以前に生まれた者であって、当該年度の3月31日の年齢が60歳未満の男性
※ただし、(1)~(5)の方でも、過去に風しん抗体価検査を受け、十分な抗体があることが判明した方は有料になります。
*検査を希望される場合、原則、ご本人が電話をしてください。
 *できるだけ事前に申込書を記入の上、御持参ください。
※昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性は、クーポン券を利用して受診できます。詳しくはお住いの市町村へお問い合わせください。

(医療機関向け様式)

鳥取県風しん抗体価検査申込(問診)書(別紙様式1)(平成31年4月1日以降)(PDF形式 272KB)

鳥取県風しん抗体価検査結果のお知らせについて(別紙様式2)(PDF形式 93KB)

鳥取県風しん抗体価検査結果通知書(別紙様式3)(PDF形式 93KB)

米子保健所での風しん抗体価検査について

  新型コロナウイルス感染症の国内蔓延状況及び県内発生状況を踏まえ、米子保健所では令和2年4月21日から実施を中止します。
 再開時期は国内外の発生状況を踏まえ判断します。  
  

お問い合わせ先

西部総合事務所福祉保健局 健康支援課 医薬・感染症対策担当
電話 : 0859-31-9317
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000