当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

障がい者の芸術文化活動推進知事連盟アートフォーラム(令和2年2月8日)開催結果

  令和2年2月8日(土)に、びわ湖大津プリンスホテル(滋賀県大津市)において、「2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障がい者の芸術文化活動推進知事連盟によるアートフォーラム」を開催しました。

※令和2年2月7日(金)から9日(日)まで同会場において開催された「2020東京大会・日本博を契機とした障がい者の文化芸術フェスティバル」のグランドオープニングの中で実施。

アートフォーラム写真 アート宣言写真

  

パネルディスカッション

  「2020年東京オリパラを契機とした障がい者の文化芸術活動の更なる推進について」をテーマに、参加(副)知事がこれまでの各県での取組を紹介するとともに、知事連盟の設立から多大なご支援・ご協力を頂いている議員連盟のみなさんからも応援のお言葉をいただきました。

【出席者】

  • (パネリスト)

鳥取県知事、岩手県知事、愛知県副知事、岡山県副知事、徳島県副知事

  • (コーディネーター)

滋賀県知事

  • (オブザーバー)

共生社会の実現を目指す障害者の芸術文化振興議員連盟 (会長)衛藤晟一 一億総活躍担当大臣、(副会長)古川康 衆議院議員

※東京都 小池都知事からもメッセージを頂きました。
◎東京都 小池都知事からのメッセージ(PDFファイル:66KB)
◎知事連盟構成都道府県  

知事連盟と議員連盟合同での障がい者の文化芸術活動推進宣言

 併催事業である第24回アメニティフォーラムのプログラム「アール・ブリュット、クリエーション、日本」の中で、2020年東京オリパラに向け、障がい者の文化芸術活動の推進に努めてきたノウハウをレガシーとして引継ぎ、オリパラ後も障がい者の文化芸術活動の更なる推進に取り組むことを宣言しました。

文化芸術にはみんなを感動させる力がある

障がいのあるなしなんて関係ない

東京オリンピック・パラリンピックを新たな出発点に

これまでわれわれが取り組んできたノウハウをレガシーとして

障がいのある人の文化芸術の輪を日本全国そして世界に広げよう 

【宣言者】

  • 共生社会の実現を目指す障害者の芸術文化振興議員連盟 (会長)衛藤晟一 一億総活躍担当大臣、(副会長)古川康 衆議院議員、嘉田由紀子 参議院議員
  • 滋賀県知事、鳥取県知事、岩手県知事、愛知県副知事、岡山県副知事、徳島県副知事 
  • 知事連盟加盟県担当職員(当日出席者)

加盟都道府県観光PRブース

 期間中、会場では、知事連盟加盟都道府県の観光ポスターの展示及び観光ポスターの配架によるシティプロモーションを行いました。

観光PRブース

  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71540857-26-7154    
    ファクシミリ  0857-26-8136
    E-mail  shougaifukushi@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000