当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

狗尸那(くしな)城の見事な横堀を再現できるか?

 山城の調査範囲で新たな工夫をしました。

今年の調査から断面図を描くようにしたことは、前回鳥取城西坂の例でご紹介しましたが、それでも分かりにくいという指摘があり、見せ所について縮尺を大きくしたものを加えることにしました。

鳥取市鹿野町にある狗尸那城は、周囲に見事な横堀をめぐらせ、城を守る工夫に富んだ山城です。先日14日に現地案内をさせていただきました。その資料に横堀を拡大した断面図(寸法入り)や写真を入れてみましたが、現場の迫力は伝わったでしょうか?


山城の調査ではGPS端末を使って平面図と断面図を作っています。

 今年度に入ってから中世城館の現地踏査を11城、併せて文献調査を行ってきました。引き続き調査は継続していきますが、これまでに行った調査成果について10月からの現地ウォークや12月のまいぶん講座、2月の成果報告会に向けて整理をしていきながら、途中経過についてもレポートしていきたいと思います。
 中世城館の現地踏査では簡易測量としてGPS(グローバル・ポジショニング・システム、全地球測位システム)端末を使って、土塁や堀切の位置や高さを記録しています。
 写真は現地の計測データを平面図に記載して鳥取城西坂の断面図を作っている様子です。断面図があると、平面図だけではわかりづらい斜面の様子がイメージしやすくなります。急な斜面は人工的に削り込んだ「切岸(きりぎし)」と呼ばれる防御施設で、城を守るための工夫が見られます。緩やかな斜面は自然のままで、大きな加工が加えられていないことが分かります。簡単な断面図ですが、当時の人々がどのように城を守ろうとしたのかが伝わってきます。
 11月9日(土)はこの「西坂」を中心とした鳥取城関連ウォークを開催します。鳥取城「西坂」周辺は戦国時代の姿を残す場所と言われます。ぜひ訪れてみませんか。

「鳥取城関連ウォーク」チラシはこちら.pdf(2167KB)

 

  

センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期は湖山池ほとりの天神山に守護所が置かれ、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡の因幡国庁跡があります。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク