当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取まいぶん講座第5回を開催しました

8月17、18日に「鳥取まいぶん講座」の第5回を開催して、延べ39名の方にご参加いただきました。

今回は埋蔵文化財に使われている科学技術をご紹介しました。夏休み期間中の開催だったので、学生の方にもわかりやすくするために、講演だけではなく実際に技術を使った実演も行いました。

17日は「見えないものが見える」と題してX線やレーザーを用いた地形測量など、肉眼では見ることができないものを見る技術を紹介しつつ、赤外線写真撮影で木に墨で書かれたものを見る実演を行いました。

18日は「発掘調査の科学技術」と題し、遺跡で見つかった木製品の木の種類を調べたり、保存処理を行うための技術などを紹介しながら、当センターで木製品の保存処理をしている施設の見学などを行いました。

参加者からは「講演と実演を組み合わせた講座で分かりやすかった」との感想をいただきました。

今回は一般の方だけの参加になりましたが、今後も学生や生徒の皆様にもわかりやすく埋蔵文化財のことを紹介していきたいと考えています。

17日の講座の様子

17日の講座の様子

18日の施設見学の様子

18日の木製品の保存処理施設の見学風景

センター紹介

県の中心部は、室町時代の後期は湖山池ほとりの天神山に守護所が置かれ、江戸時代の前からは久松山(麓)に城が置かれるようになり、明治時代から現在まで県庁が置かれています。県庁から4キロほど離れた国府町に奈良時代の国史跡の因幡国庁跡があります。今ではひっそりとした田園地帯ですが、因幡三山(甑山(こしきやま)、今木山(いまきやま)、面影山(おもかげやま))に囲まれ、万葉の歴史と古代の出土品にあふれた万葉の里に埋蔵文化財センターはあります。

イベント,講座,施設見学,資料調査等のお申込み


埋文センターの事業


埋文センターについて


目的から探す


関係先へのリンク