当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

平成30年度手話を広める知事の会総会及び手話言語フォーラム

平成30年4月25日(水)に、参議院議員会館(東京都)にて、全国の行政関係者、一般財団法人全日本ろうあ連盟加盟団体会員、手話関係者等252名の参加のもと、「平成30年度手話を広める知事の会総会及び手話言語フォーラム」を開催しました。 
  

日時

平成30年4月25日(水)午前10時30分から午後4時30分まで

場所

参議院議員会館 1階 講堂(東京都千代田区永田町2-1-1)

次第

平成30年度手話を広める知事の会総会

1 開会

2 会長あいさつ
  平井 伸治 会長(鳥取県知事)

3 来賓あいさつ

  • 笹川 陽平 日本財団会長
  • 石野 富志三郎 一般財団法人全日本ろうあ連盟理事長 
  • 泉 房穂 全国手話言語市区長会事務局長(明石市長)
  • 盛山 正仁 衆議院議員(自由民主党)
  • 福山 哲郎 参議院議員(立憲民主党)
  • 川田 龍平 参議院議員(立憲民主党)  

4 総会議事(平成29年度事業報告、平成30年度事業計画、役員)

  • 中島 恵理 副会長(代理)(長野県副知事)

5 副会長あいさつ

  • 仁坂 吉伸 副会長(和歌山県知事)
  • 稲垣 清文 副会長(代理)(三重県副知事)

6 来賓あいさつ

  • 薬師寺 みちよ 参議院議員(無所属) 

7 講義

  • 演題:「手話言語法の制定に向けて~もうひとつのことばの社会的意義~」
  • 講師:本名 信行 青山学院大学名誉教授

8 記念撮影

9 閉会

国連「手話言語の国際デー」採択記念 手話言語の認知と手話言語法早期制定を求めるフォーラム

1 開会 
(1)主催者あいさつ
  長谷川 芳弘 一般財団法人全日本ろうあ連盟副理事長
(2)来賓あいさつ
  • 堀井 学 外務大臣政務官
  • 竹下 義樹 日本障害フォーラム副代表
  • 田畑 裕明 衆議院議員(厚生労働大臣政務官・自由民主党)
  • 山本 博司 参議院議員(公明党)
  • 原口 一博 衆議院議員(無所属)
  • 今井 絵理子 参議院議員(自由民主党)
  • 滝波 宏文 参議院議員(自由民主党)
  • 福岡 資磨 参議院議員(自由民主党)
  • 小宮山 泰子 衆議院議員(希望の党)  

2 報告

  • 国連「手話言語の国際デー」採択の意義と効果

  石野 富志三郎 一般財団法人全日本ろうあ連盟理事長
3 来賓あいさつ

  • 枝野 幸男 衆議院議員(立憲民主党)
  • 薬師寺 みちよ 参議院議員(無所属)

4 報告

  • 「全国手話言語市区長会の取り組み」

  泉 房穂 全国手話言語市区長会事務局長(明石市長)

  • 「障害者権利条約 障害当事者の視点~パラレルレポートから~」

  佐藤 聡 日本障害フォーラム パラレルレポート準備会事務局長

5 パネルディスカッション

  • テーマ:「日本において「手話言語法」早期制定を!」
  • コーディネーター

  石橋 大吾 一般財団法人全日本ろうあ連盟理事

  • パネリスト

  笹川 博義 国連障害者の権利条約推進議員連盟事務局長(衆議院議員・自由民主党)
  中川 尚志 日本耳鼻咽喉科学会理事
  本名 信行 青山学院大学名誉教授
  石川 敬 岩手県立盛岡聴覚支援学校校長
  平井 伸治 手話を広める知事の会会長(鳥取県知事) 

6 指定発言
  吉野 幸代 一般財団法人全日本ろうあ連盟理事

7 宣言

  • 宣言者

  横山 正博 千葉県健康福祉部長
  植野 圭哉 社会福祉法人千葉県聴覚障害者協会理事長

8 閉会あいさつ
  渡辺 正夫 一般社団法人全国手話通訳問題研究会会長

会議の様子

 
(仁坂吉伸副会長(和歌山県知事)あいさつ)


 参加都道府県による写真撮影
(参加都道府県による記念撮影)

 宣言文発表
(宣言文発表)
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71540857-26-7154    
    ファクシミリ  0857-26-8136
    E-mail  shougaifukushi@pref.tottori.lg.jp