当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

退休寺の化け物(大山町前)

昭和61年(1986)8月4日、大山町前で採集

語り

 なんとなんと昔。退休の寺に化物が出えて。
みいながように「何だらか。」「何だらか。」てって、夜うさになあと三人来て踊うだって、退休の寺で。
「生臭坊主を取って噛もう。」てって、一人は踊うし「トッテンコボシはうちんかや。」てって、一人は踊るし、そうかあ一人は「秋風吹けば、実はさんてんポロン。」て三人世話ぁやいて世話ぁやいて踊っちょいて。そうから、きゃあ、また、踊っちょいて、け、いのうだって。
 そうから「何だらぁか。あげに、ま、ほんに毎夜さ毎夜さきて踊うだが。」てって、調べてみなはったとこうめが、
「生臭坊主を取って噛もう。」てえのは、鶏の古いのが化けて出る。
 そうから、その、「トッテンコボシはうちんかや。」て言うのは、一つは椿の横槌が千年すれば化けえだてって。
 そうから、一つは山芋のムカンゴが秋風、吹きゃあ落ちますけんなあ、そで「秋風吹けば、実はさんてんポロン。」て山芋の古いのと横槌の、け、古いのと、鶏の古いのと、け、三人、そげしちょつて毎夜さ化けちょって踊りょっただ。
 そげして調べて見たらそげな正体だった。
 その昔こんぽちゴンボの葉。
(伝承者:明治30年生)

音声再生

解説

 この話は本格昔話の「化け物問答」の断片が伝説化したものだと思われるが、退休寺というのは、大山町退休寺にある曹洞宗の名刹である。本尊は聖観世音菩薩で14世紀に建てられているのである。 


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000