当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

向こうの向こうのすすき原(てまり歌)鳥取市福部町左近

昭和56年(1981)10月9日、鳥取市福部町左近で採集

歌詞

向こうの向こうのススキ原 親がないかや 子がないか
親もござるに子もござる その子に離れて十五日 十五日参りをしょと思って
姉さん父さん ちょっと寄って 姉さん姉さん かたびら一枚貸してえな
あるのにないとて貸せなんだ 大腹だちや 大腹だちや
西の紺屋に一反と 東の紺屋へ一反と 染めてくだされ紺屋さん
染めてあげます何色で 紺と石蝋に染め分けに 染め分けに ちょいと百ついた
(歌い手:明治12年生)
音声再生

解説

 手まり歌の中には、どこかわびしい内容のものがときおりある。この歌もそのような一つであろう。ただ、内容は子どもの歌特有の連鎖反応的なつながりで、次々と話題が転換してゆくので、最後のところでは、特にわびしさの伝わってこないところがおもしろい。
 ところで、伝承者の住所は、鳥取市福部町左近であったが、ご出身は近くの兵庫県美方郡浜坂町である。したがって、あるいは鳥取県東部として紹介したこの歌は、兵庫県のものとした方が適当かも知れない。ただ、鳥取県内でもよく似た歌があるので、鳥取市の歌として紹介した。
 そのような類歌は、中部の倉吉市に次のように存在している。

向こうお山の白ツツジ親がないかや 子がないか
親もござんす 子もござる 殿御に離れて今日七日 七日と思えば十五日
十五日(じゅうごんち)参りをしょと思(おも)て おばのところに かたびら一枚借りにったら
あるのにないとて 貸さなんだ やれやれ腹たつ 腹がたつ
西の紺屋(こうや)に一反と 東の紺屋に一反と 染めてください紺屋さん
染めてあげます 何色に ウコンに紫 浅黄色 浅黄色

  両者を比べて見ると、確かによく似ている。距離が離れていながら、どのような経過でこれらの歌は伝承されるのか、いつの間にかちゃんと伝えられ、その土地に根を下ろしてしまうのである。その不思議さを考えるにつけても、このような伝承わらべ歌の世界から、私はなかなか抜け出せないわたしなのである。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000