メンテナンスのため、12月8日(火) 1時~3時00分(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

関の姉やちゃ(守り子歌)米子市富益町

昭和56年(1981)10月25日、米子市富益町で採集

歌詞

 関の姉やちゃ 子が無あて悲しいよ
お客子ねして 抱いて寝る
憎いやつめが 目の先ほててよ
三丁小刀で 刺し殺し
※「ほててよ」は「やって来てよ」の意。
(歌い手:明治35年生)
音声再生

解説

 守り子歌とは、守り子がその仕事のつらさをうたったものである。歌によっては直接その苦しみをうたったもののほかに、皮肉やあてこすりもあれば、恋の歌も見られる。弓ヶ浜半島の古老に聞くと、昔は小学校三年を終えれば、女の子はすぐに子守り奉公をしたものだという。そのようなことを思いながら、これらの歌を味わってみると、今の時代には考えられない、厳しい生活の苦しみが彷彿としてくるようだ。
 なお、この歌には次のような歌詞もある。「わしとおまえは、大門の戸で、朝ま別れて、晩に会う」


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000