当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

焼き餅和尚(琴浦町高岡)

昭和61年(1986)8月2日、琴浦町高岡で採集

語り
 昔々、あるところのあるお寺に和尚さんと小僧さんがおりましたそうな。和尚さんはいつもお餅が好きで、お餅を焼いては一人で食べておりましたので、小僧さんが「何とかして一つほしいなあ。」と思いながらも、ようもらって食べることが出来なかったので「どうしてもらって食べようか。」と考えました。
 ある日、和尚さんは、また、お餅を焼いていましたので、どうかしてそれを一ついただきたくて、のぞいていました。和尚さんところへ近づくと、あわてて和尚さんは火鉢の中にお餅を隠しました。さあ、そしたら小僧さんは「和尚さん、和尚さん、いい話があります。」「なんじゃいな。」ということで、火鉢へ近づきまして「近所にいいお家が建ちましてねえ。」「ほう、そうかいな。」火箸をつかまえて「このへんに柱が建ちましてねえ。」火箸を火鉢の中へ立てましたら「ああ、そうかい。」と、和尚さん、うなずいていたところが、上げてみたら火箸の先にお餅がくっついてました。
「和尚さん、こんなところにこんなもんが。」と言って、火箸のお餅を見せましたら「おう、食べなさい。」って言われたもので、小僧さんはそれをいただきました。その次にまた火箸を持ちまして「ここらにも一本、立ちましてねえ。柱が。」と言ったら、またお餅がついて上がりました。
「ほう、それも食べなさい。」ということになりまして、とうとう念願のお餅を腹いっぱい、いただいたそうです。その昔こっぷり。

(語り手:大正9年生まれ)
音声再生

解説
 関 敬吾『日本昔話大成』の話型では笑話の巧智譚「和尚と小僧」の中に「焼餅和尚」として登録されているのに一致している。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000