当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
博物館ロゴ
(topページへ戻る)
利用案内展示案内イベント案内学校利用博物館紹介資料リンク集
収蔵資料・刊行物 

からす勘三郎(動物の歌)北栄町米里

昭和58年(1983)7月10日、北栄町米里で採集

歌詞

からす からす 勘三郎
親の恩を忘れるな
(伝承者:明治39年生)
音声再生

解説

  夕焼け空の彼方を、ねぐら目指してカラスたちが飛んで行く。そのような情景をうたった類の歌である。『古今童謡』でも「おばか家か焼けるやら 空のはらが赤いぞ」と空の夕焼けを火事で焼ける赤さに例えている。この連想の手法は近年の収録でも変わっていない。連想力もまた継承されているのである。江戸時代に鳥取藩士の野間義学の集めた『古今童謡』にも次のように採録されている。
   からす からす かめんじよ
   おばか家か焼けるやら 空のはらが赤いぞ
   早う行って水かけ 水かけ

  八頭郡若桜町大野でも、

  からす からす  勘三郎
 あっちの山は火事だ
 生まれたとこを忘れんな
(伝承者:大正5年生)



 とあり、鳥取市河原町国英山手でも、

   からす からす  勘三郎 オジの家が焼けよるぞ  早ういんで 水をかけ 肥をかけ  ホーイ ホイ(伝承者:明治35年生)


 このようになっており、全国的に同類はうたわれていたのである。


最後に本ページの担当課    鳥取県立博物館
    住所  〒680-0011
                 鳥取市東町二丁目124番地
    電話  0857-26-80420857-26-8042
       ファクシミリ  0857-26-8041
    E-mail  hakubutsukan@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000